FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

カテゴリー「神経」の記事一覧

Hiltonの法則 

関節包や靭帯などの関節構成体の神経は
その関節を動かす筋や皮膚にも分布する。
といったものであり、臨床上関わることは多い。

例えば、関節周囲筋が過緊張している場合に、
筋を緩めたくなるが、緩めてもすぐに戻ることは多い。
その場合にアライメントを修正することで
瞬時に過緊張が軽減することがある。
これは関節包や靭帯の伸張ストレスによって、
同じ神経支配の筋が反射性攣縮を生じて
過緊張していたものと推測される。

また関連痛もHiltonの法則で解釈できる。
関節包や靭帯の刺激が同じ神経支配の
皮膚神経知覚領域と誤認するのが関連痛である。
アイスクリーム頭痛が有名であり、
冷たいものを食べると咽頭神経が刺激され、
後頭部またはこめかみの痛みと誤認知するものである。
生理の時や便秘で腰が痛かったり、
心臓の調子が悪いのが左肩の痛みを生じたりも、
同様の理由によるものである。

筋の過緊張は評価してわかりやすいものの、
その過緊張が何からきているものかが重要である。
運動時に疼痛が誘発するかどうか。
アプローチでの効果判定などにより、
特定ていくことが重要である。
スポンサーサイト



Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

姿勢制御と運動制御 

体は感覚入力を元に、
姿勢制御や運動制御を行なっている。

この感覚というのは視覚や
無意識的に入力される固有受容感覚がある。
この固有受容感覚によって
姿勢制御と関わりの大きい延髄網様体脊髄路
頸部や上肢の平衡に関わる内側前庭脊髄路
体幹や下肢の平衡に関わる外側前庭脊髄路が作用する。

姿勢制御がある程度確立することで、
次に運動制御が作用することになる。
錐体外路では目や首の運動を視蓋脊髄路
四肢の遠位の筋を赤核脊髄路が作用する。
錐体路では体幹の筋を前皮質脊髄路
四肢の遠位筋を外側皮質脊髄路が作用する。

大脳皮質からの下行路は内側運動制御系(腹内側系)で
体幹近位関節の姿勢運動制御が作用し、
外側運動制御系(背外側系)で手指・足部の随意的な
精密な運動制御を作用する1)

体の運動には姿勢と運動を緻密に制御されており、
その制御には多くの神経経路が存在し、
それぞれが協調し合うことで
正確な運動を生じることが可能になっている。

1)Kuypers HG:The descending pathways to the spinal
 cord,their anatomy and function.Prog Brain Res11:
 178-200,1964

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

筋肉の活動と神経の種類 

筋肉の運動はα運動神経やγ運動神経が関与する。
そのうちのα運動神経が主に筋の収縮の強さを
決定する役割がある。

体の筋肉の働きは姿勢に関わるものと
四肢の筋のように動作に関わるものに分類することができる。
姿勢に関わる筋はα運動ニューロンの中でも
緊張性のα運動ニューロンの働きが大きい。
また協調の必要がないため、
筋紡錘はあまり持たないことが特徴である。

また四肢の筋はα運動ニューロンの中でも
相動性の運動神経の働きが大きい。
素早く緻密で協調された運動のため、
筋紡錘は多いのが特徴である。

筋にはそれぞれ必要な役割が違うため、
筋肉の種類だけでなく、
センサーの数や働く神経にそれぞれ特徴がある。
これらの特徴によって
さまざまな動きが可能になっているのである。

筋の生理学

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

感覚神経と筋紡錘 

筋肉のセンサーである筋紡錘の情報は
脊髄に伝えられる。
筋紡錘内にある錐内筋線維で得られた感覚情報は
1a(1はローマ数字)線維と2(ローマ数字)線維に分かれて
脊髄に送られることになる。

この二つの神経はそれぞれ特徴が違い、
1a線維は太く伝達が速い傾向があるので、
反射などの速い動きの情報を伝える。
それに対して2線維は細く伝達が遅い傾向があるので、
筋肉の緊張をゆっくり高め維持する情報を伝える。

こういった感覚情報を元に再び脊髄から
運動神経に命令が下されるわけである。
人の動きは速く短いだけでもだめで、
ゆっくり長いだけでもだめである。
そのときそのときに応じて、微妙な調節をしていく上で、
こういった情報を分別し伝達していく必要がある。

筋の生理学

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

運動神経と筋紡錘 

筋肉は常に自動的に長さを調節する役割がある。
それは筋肉内にあるセンサーである
筋紡錘とゴルジ腱器官の働きによるものである。

筋紡錘は筋の中心部である筋腹に多くあり、
ゴルジ腱器官は筋肉が骨につく腱の部分にある。
これらが筋肉が引っ張られると、ある程度で縮み
また筋肉が過度に緊張したら緩むように働く。
これにより筋肉が損傷するのを防いだり、
容易に形状が変化しないようになっている。

それでは筋紡錘から説明する。
筋紡錘は外側が錐外筋線維
内側が錐内筋線維となる。
この筋紡錘は筋の筋腹に多くあることは既に述べたが、
この筋紡錘が脊髄の神経と繋がっている。

脊髄からの運動指令の大半は力の強さを決定するもので、
残りはセンサーの長さを調節するものである。
力を調節するものは脊髄からα運動神経に繋がり、
筋紡錘の錐外筋線維に接続する。
またセンサーの長さを調節するものは
脊髄からγ運動神経に繋がり、筋紡錘の錐内線維に接続する。

これにより、脊髄からの指令は二つの神経により、
強さが調節され、またセンサーも適切な長さに調整される。
さらにα運動神経は姿勢に関与するものと
瞬発性に関与するものに分かれており、
より細かな体の動きの形成に役に立っていると考えられている。

運動神経と筋紡錘

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

体の反応する速度 

体が何らかの刺激において反応する時間は
最速で0.1秒(100ミリ秒)と言われていることが多い。
これは陸上のスタートでも
現在ではこのルールが採用されている。
これは音を聞き筋肉が反応するまでの時間が
0.1秒(100ミリ秒)とされているので
これより早ければフライングになるとしている。

しかし2009年の国際陸上連盟の研究レポートによると
この反応時間は0.08秒〜0.085秒(80〜85ミリ秒)まで
短縮できるとしている。
これは一体どういうことなのであろうか。

通常のピストルの音を聞き体が反応するまでの経路は
ピストル音(0秒)→耳に音が届く<聴覚神経>0.015秒(15ミリ秒)→
脳幹に電気信号0.055秒(55ミリ秒)
→脳内で電気信号の伝達<脳幹→大脳,聴覚野→運動野>
→脊髄に電気信号0.065秒(65ミリ秒)
→膝下に電気信号0.09秒(90ミリ秒)
→蹴りだす動作0.1秒(100ミリ秒)
と考えれられていた。

しかし大阪体育大学の石川昌紀博士によれば
脳内での訓練でショートカットを行なうことと、
足でなく腰から動き出すことで合計で
0.02秒(20ミリ秒)の短縮ができるというものである。
ピストル音(0秒)→耳に音が届く<聴覚神経>0.015秒(15ミリ秒)→
脳幹に電気信号0.055秒(55ミリ秒)
とここまでの経路は同じなのだが
ここから
→脳内で電気信号の伝達<脳幹→大脳,聴覚野→運動野>の
伝達スピードがショートカットすることで0.01秒(10ミリ秒)短縮し、
さらに脊髄に電気信号を送ったあと、
脚から動き出すのではなく腰から動き出すことで
腰回りの電気信号で動くことになり
ここでも0.01秒(10ミリ秒)短縮されることになる。

陸上のスタートもこういった努力の影響により
どんどん人間の限界に挑むことになるのであろう。

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

自律神経のバランス 

自律神経はアクティブの状態のときには
交感神経が優位になり、
リラックスの状態のときには
副交感神経が優位になる。

相反する機能をもつため、
どちらか一方のみの働きが
過剰になる印象を持ちやすいかもしれない。
しかし交感神経と副交感神経はどちらかが働くのではなく、
どちらも高いレベルで働いている状態が
バランスのとれた状態である。

アクティブのときは交感神経と副交感神経いずれも
高いが交感神経がわずかに上回っている状態。
リラックスのときは交感神経と副交感神経いずれも
高いが副交感神経がわずかに上回っている状態。

現代はストレス過多の場合が多いため、
副交感神経を高める意識が大切である。
仕事の合間や家に帰っていかにリラックスできる時間を作るか。
自分はどういったことでリラックスできるのか、
知っておくことが重要なのではないだろうか。

自律神経

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

自律神経と季節 

自律神経は季節の影響も受ける。
日本の場合は四季があり温度変化が激しいため、
自律神経の変化も大きい。

夏は副交感神経優位になり血管を拡張させ
熱を放散させやすくする。
冬は交感神経優位になり血管を収縮させ
熱を逃げないようにする。

交感神経が優位になると顆粒球が増加し、
副交感神経が優位になるとリンパ球が増加する。
夏から冬にかけては副交感神経優位から
交感神経優位に変化する時期。
リンパ球が低下するためウイルスや
細菌を処理する機能が低下する。
そのため風邪などの病気にかかりやすくなる。

またイベントも多くストレスもかかりやすいかもしれない。
リラックスする時間を増やし、
副交感神経の働きを過度に低下させないことが大切である。

自律神経

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

自律神経と身体症状 

自律神経の働きにより身体症状は大きく変化する。
交感神経が過剰に働き、副交感神経の働きが衰えると
顆粒球が過剰に増加してくる。
顆粒球は最近を食べ自己防衛をするが、
過剰になると常在菌まで攻撃してしまう。
またこうした状態が続くと粘膜や組織を破壊、
顆粒球が死ぬときには活性酸素をまき散らすことになる。
胃潰瘍や吹き出物、口内炎などの症状の他、
癌の原因になると言われることがある。
また腸の動きは低下するのが特徴である。

今度は副交感神経が過剰に働き、交感神経の働きが衰えると
どうなるのであろうか。
副交感神経が過剰になると抑うつ傾向となり、
体のだるさや重たさ、やる気がでないなどの症状が出やすい。
アレルギー反応も生じやすく
腸は過剰に収縮することになる。

交感神経と副交感神経は
どちらかが高い状態では体は不調となる。
交感神経・副交感神経ともに
高いレベルであることが大切である。

アクティブな状態・リラックスした状態では
わずかに傾き調整されるのが理想的である。
また交感神経は意図的にコントロールは難しいので
意識的にリラックスし
副交感神経を刺激することがコツである。

自律神経

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

自律神経の障害による症状 

自律神経は心臓・胃腸・膀胱・子宮・血管・
内分泌・汗腺など多くの領域を支配しているため
症状も多彩である。
気分の変調や体温調節が困難となるため
熱すぎたり寒すぎたり。
また痛みなどの疼痛性の症状が出現することもある。

しかし器質的な異常が見当たらないため、
検査では特に異常はないことが多い。
あちこち調子が悪いときは
まずはきちんと病院で検査を行ない、
器質的な異常が見当たらないのであれば
自律神経を考慮した日頃の日頃の
行動や心のあり方の見直しが必要なときなのかもしれない。

自律神経

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

2020-06