Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

カテゴリー「おすすめの本」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

図解入門 よくわかる股関節・骨盤の動きとしくみ 


おすすめ度☆☆☆☆☆

今回紹介する本は國津秀治先生の
図解入門 よくわかる股関節・骨盤の動きとしくみです。
私がブログを開設するにあたり、
開設のノウハウを教えていただいた方でもあります。
この方がいなければ私の今のブログは
この世に存在しなかったかもしれません。

股関節に関して非常に熱心に勉強をしておられ、
今回の本でも股関節のことから他の関節との関連性、
生活習慣による姿勢や動作のことなど
図解を交えてわかりやすく解説しています。
ちなみに参考文献にこのブログも入っています。

健康のために股関節や骨盤のことを知りたい方、
理学療法士の学生さんやトレーナーさんでも
股関節や骨盤について幅広く勉強できる内容になっています。
ぜひぜひ読んでみて下さい。
スポンサーサイト

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

今までのおすすめの本のまとめ 

いままで紹介した本の中で
それぞれどういった用途で
自分が読んでいるかまとめてみた。

これらはお気に入りのものなので
今でもたびたび目にしているおすすめの本である。

関節についての知見を得るには

筋についての知見を得るには

解剖学的なイメージを得るには

解剖学的なイメージを元に
実際に触診をするためには

解剖学的知識に運動学的な
要素を加えて考えるには

運動学を臨床場面で生かすためには

理学療法の臨床場面を幅広く学んでいくためには

運動療法をエビデンスとともに臨床展開するには

クリニカルリーズニングを学ぶためには

さまざまな治療手技の理論を学ぶためには

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

最新運動療法大全 



おすすめ度☆☆☆☆☆
キスナーとコルビーによる『Therapeutic Excercise』の日本語版。
科学的根拠に基づく「エビデンス情報」を掲載し
運動療法をわかりやすく解説している。
アメリカの理学療法士の教科書として
よく用いられている本書。
臨床に応用するために必要な知識が十分に詰まった一冊である。

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

心を知る技術 


おすすめ度☆☆☆☆
ドクター・ジョン・F・ディマティーニは
全世界で2000万部のベストセラー『ザ・シークレット』で
人生のマスターと現代の哲人として紹介され、
彼の著書は28の言語に翻訳されている。
人間行動学と自己啓発の世界的権威で教育者・作家でもある。
価値観というわかりにくいものを分類し、
どのような考えや関わり方をするのかという点が
非常にすばらしいと思う。
価値観について言語化し自分の思考をつなげるために
非常に参考になった一冊である。

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

ブラックジャックによろしく 


おすすめ度☆☆☆☆
漫画ですが真剣に患者と向き合って、
悩み、苦しむことは誰しもが経験するのではないでしょうか。
生と死、人生、価値観、社会やルール。
そういったものの中で何を大切にすべきか。
何が正しいのか。そういった疑問を投げかける
そんな漫画ではないでしょうか。
海猿を手がけた佐藤秀峰さんの作品です。

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

感じる脳 情動と感情の脳科学 よみがえるスピノザ 


おすすめ度☆☆☆☆
脳科学と哲学との融合。
感情と情動をどのようにとらえるか。
脳で何が起こり感情が生まれるのか。
いままで科学では困難であった課題を
ダマシオが突き詰めていく。
哲学的な内容も多く、なかなか難しいが
その分読み応えは十分ある。
科学では十分わかってなかった時代での脳を
すでに経験や哲学的な視点から導きだしていたダマシオ。
すばらしい学者の1人だと感じる。

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

リハビリの結果と責任 


おすすめ度☆☆☆☆
会社経営をしていた筆者が交通事故後、
頭部外傷で四肢麻痺となりその闘病生活が記されている。
元ビジネスマンだからこそ見える
リハビリテーション専門職の疑問。
患者の結果に対してどう思っているのか。
自分の思い通り良くなったのか、
良くならなかったのか。
それに関して考察できているのか。
そういった患者側の率直な意見が書かれている。
また医療従事者として患者の気持ちというものは
わかるものではないが、わかろうとする努力は必要と
よく言われるが現実ではなかなか感じることができない。
この本からはそういった生の感情や心の叫びが
リアルに綴ってありより実感できるものとなっている。

医学を学んでいるが人間というものを
十分に学びきれていない状態で、患者の心がわかるのか。
またその重さから見ない様にしているのか。
リハビリテーションの本質はここをなくしては
何も見えてこないような気がする。

医療技術はどんどん発展していく中で
心という部分は医療従事者からも社会からも
おいてきぼりにされている気がする。
人を助けるための医療という原点は
どんなに時代が変化しても変わるべきではない
一番大切なものなのではなかろうか。

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

考える理学療法 評価から治療手技の選択 


おすすめ度☆☆☆☆
疾患から症状、評価から治療手技の選択まで
一連のクリニカル・リーズニングの流れを
学ぶことができる。
どういう症状のときにどういう評価をするか。
今まで行っている評価でもれはないのか。
鑑別できているのかなど参考になる点は
多いのではなかろうか。
何よりどう情報を統合していくのか。
この部分は重要に感じると思う。

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

ボディ・ナビゲーション―触ってわかる身体解剖 


おすすめ度☆☆☆☆
アメリカではスタンダードな「Trail Guide To The Body」の邦訳。
2次元的な解剖学のテキストとは違い
触診という3次元的なテキストであるのが特徴。
まったく何も手がかりのない状態で
触診技術を高めていくのは難しい
こういったガイド的な役割のテキストがあると
ずいぶんと安心するものだ。
わかりやすい絵を元に道筋立ててたどっていく形
で展開される本書は個性的でありながらも
しっかりとしたものとなっている。
これから触診を学んでいこうと思う人に
おすすめの一冊である。

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

カパンジー機能解剖学 カラー版(全3巻) 


おすすめ度☆☆☆☆☆
関節の名著といえばこのカパンジーは外せないだろう。
ここまで関節の動きにこだわった人はいるのだろうか。
以前白黒だったのが現在カラー版になって
さらに見やすくなっている。
関節の生理的な動きを理解することで、
運動をより詳細に分析したり、
可動域訓練での精度をより高めたりと使うことができる。
応用できる知識やヒントが満載なのではなかろうか。

Category: おすすめの本

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。