Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

カテゴリー「男と女」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

フェロモン 

フェロモンとは無意識のうちに生物の様々な行動を引き起こす。
それは性行動だけでなく、アリのフェロモンは道しるべになるし
ウサギのフェロモンは赤ちゃんに乳首の位置を導くためにも使われる。
フェロモンの発見に対して有名なエピソードは、
やはり「ファーブル昆虫記」のフランスの
ジャン=アンリ・ファーブル(1823-1915)であろう。

ある夜、メスの蛾をかごに入れておくと、
どこからともなく20匹のオスの蛾が群がっていたという。
音も匂いもない状態でどうやってオスの蛾はたどり着いたのだろうか。
この出来事をきっかけにファーブルは7年を費やし研究した。
その後、ファーブルは微妙な匂いのようなものが
関係するのではないかと確信した。

ファーブルの研究から60年後の1959年。
ドイツの化学者アドルフ・ブテナント(1903-1995)は
蛾の物質の中に0.012gの物質を発見する。
そしてこれらの物質は蛾のみでなく他の昆虫でも見つかっていた。

こうしたフェロモンは仲間を導いたり、逃がしたり、
集合させたりと様々な役割を持つ。
それにより虫たちは集団で何かを行なったり、
また危険を知らせることで逃がしたりする。

哺乳類のフェロモンはどういったものになるのだろうか。
多くの哺乳類はフェロモンを感知するセンサーが2つ存在する。
鼻腔の上面にある嗅粘膜と底辺や内側にある管の鋤鼻器官である。
人間の場合はフェロモンの存在に関しての証拠は不十分な状態である。
フェロモンの感知には鋤鼻器官が機能していない可能性が高いため、
嗅粘膜が感知されている可能性が高いとされる。

現在のところ人間のフェロモンとして有力なものは
男性から多く出る汗や尿の匂いである。
これらはテストステロンやその前駆物質によって作られるとされるが、
アンドロスタジエノンアンドロステノンは汗や尿のにおい、
アンドロステノールはおしろいのにおい(麝香臭)がする。
アンドロスタジエノンを女性にかがせた場合PET画像にて
視床下部が反応することがわかっており、
アンドロステノールをかがせると男性への接触が増えたという報告もある。

においに関しては現在、様々な香りのするものが商品として売られている。
しかし、天然のにおいもなかなか捨てがたいものなのかもしれない。

1)Newton,2014 3,14-33
スポンサーサイト

Category: 男と女

TB: 0  /  CM: 0

top △

一目惚れの脳メカニズム 

一目惚れをしたことがある人も多いと思うが、
一目見て好きになるのは何とも素敵なことでありながら、
とても不思議なことでもある。

出会ってその人のことを
あまり知らないうちに好きなる。
これは相手の顔を見た時に生じる。
この時に脳の中では何が起こっているのだろうか。
相手の顔を見て素敵な人だと思う時には、
眼窩前頭皮質の内側が活発に働く。
この部分は社会脳といわれる部分で
意思決定などの認知機能に関わる。
これがいわゆる一目惚れが生じたときの
脳のメカニズムである。

では微妙・・・。と思った時はどこが働くのだろうか?
これも同じく眼窩前頭皮質なのだが今度は外側が働く。
「素敵」も「微妙・・・。」も同じ眼窩前頭皮質。
内側か外側かの違いというのは驚きである。
また人は見慣れた顔を選ぶ傾向があるので、
自分に似た顔を無意識に選んでいる可能性もある。

ストラークゾーンど真ん中というのは
眼窩前頭皮質の内側のこと。
そして自分の顔に似ている人を
示しているのかもしれない。

Category: 男と女

TB: 0  /  CM: 0

top △

扁桃体と主観の変化 

恋により扁桃体が抑制されると
相手の見え方がずいぶん変わってくる。
しかし3年もたてば恋愛ホルモンも減少し
トキメキが薄れてくると変化が訪れる。

かわいいと思っていたものが
幼稚で子供っぽい。
甘えん坊だと思ってたのがだらしがない。
自己投資をする人だと思っていたのが
実は浪費家だ。
男らしいと思っていたのが威張ってる。
よく気がつくと思っていたのが細かい。
その人の良さという個性が
すべて正反対に見えてくるのである。

これだけ主観というものは当てにならないもので
好きか嫌いかだけで同じものでもよくも悪くも見えてしまう。
逆に相手の良いところを見ようとすれば
嫌なところを正反対にすればよく見える。
お互い一緒に過ごすならけなし合うより
尊敬し合いたいものである。

ケチだと思っていたけど節約家でしっかりしている。
外面だけいいと思ってたけど社交性がある。
嘘つきと思っていたけど大人で思いやりからのものかも。
こうやって考えていくことで相手の良い部分が見えてくる。
恋愛感情がなくなってからのお互いの関係は
相手次第よりも自分次第なのかもしれない。

Category: 男と女

TB: 0  /  CM: 0

top △

恋愛と扁桃体 

恋をすると人は変わる。
これは誰もが経験したことがあるのではなかろうか。
胸がキュンとしたり、毎日の生活が活気に溢れて
まるで今まで見えていた世界が嘘の用に
色鮮やかなものに変化する。
このときには脳内には快感物質である
エンドルフィンやドーパミンが分泌され
活性化した状態である。

このときに扁桃体は抑制されているため
相手のことが何をしてもすばらしく思え許してしまう。
これが恋による盲目でありあばたもえくぼ状態である。
しかしこの状態は最高でも3年で落ち着いてしまうので
つき合って3年も過ぎれば冷めてしまうのである。
相手は何も変わっていないのだが、
脳内物質の影響で自分の主観が変わってしまうのである。

何も努力をせず永遠を願っていても
脳は自分の意志に反して無意識的に
反応的に生きているのである。

いわゆる恋愛初期のトキメキがなくても、
一緒にいることで得られる安心感や満足感。
また何らかのメリットなども必要かもしれない。
いつもトキメキを求めて相手を変えたとしても
そのトキメキは常に賞味期限が設定されている。
相手が問題な訳ではなく自分の脳内物質の関係なのである。

急激に熱くなったら冷めやすいのも
こういったことが関与しているのかもしれない。
熱くなることだけを求めず、
お互い温め合うことができてはじめて永遠に近づけるのかもしれない。

Category: 男と女

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017-08
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。