Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

カテゴリー「運動連鎖による影響」の記事一覧

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

内臓と周辺組織 

内臓が冷えたり硬くなることで、
周囲の組織の神経・リンパ・血液循環の機能も低下する。
また隣接する横隔膜や腹膜との可動性も低下し、
筋膜による連鎖は構造や物理的な
アライメント変化にも現れる。

内臓の問題は筋に影響を与えることもある。
これは内臓ー体性反射を介するもので、
ある臓器の問題は特定の筋にも反映される。
例えば心臓や肝臓に問題がある場合は、
肩の張りや可動域の問題が生じるし、
内臓下垂や大腸に問題がある場合は、
股関節の可動域に障害が生じる。

体というのは様々な部分が連鎖的に繋がっており、
思っている以上に影響を受け合っているのである。
内臓と周辺組織
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

体の歪みとジンク・パターン 

骨盤が歪んでいる。といった言葉を良く聞くようになった。
体がねじれていると不調を生じる。
こういったこともよくきかれる。
しかしながら実は体は左右対称ではなく、
わずかながらねじれている場合がほとんどである。
これは胃や肝臓の位置が真ん中でないことや、
肺の形状、そして利き手と利き足のことを考えれば
当然のことといえるのではないだろうか。

アメリカのJ・ゴードン・ジンクは
体の歪み方のパターンによって、
筋膜の緊張や体液の循環に影響を与え、
健康状態に変化が生じることを発見した。
このねじれのパターンのことをジンク・パターンと呼ぶ。

このパターンは大まかに4つのパートで分類する。
まず頭部と頸部。そして頸部と胸郭、
次に胸郭と腰部、最後に腰部と骨盤。
人間の8割型の人は図のような代償性のパターンをとると言われる。
このパターンは交互にねじれるのが特徴である。
こういった代償パターンの人は病気やストレスに対して
耐性がある場合が多いとされる。
そして非代償性パターンは同じ方向に連続的にねじれるのが特徴である・
こういった代償パターンの人は循環や呼吸、
内臓機能不全が生じやすく疲れや回復も遅く、
ストレスの耐性が弱い人が多いとされる。

こうした問題は遺伝や生まれつきの問題もあるが、
生活習慣から生じる場合も非常に多い。
歪んでいても代償性パターンで特に気になる症状がない場合は、
気にする必要は少ない。
非代償性パターンを習慣的にとっている姿勢はないか、
もう一度見直す必要があるかもしれない。無題 1

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

アライメントと筋緊張 

体のアライメントの変化によって筋の緊張も変化する。
下肢では骨盤の前傾した側は腸骨が前上方に変位し、
大腿直筋前脛骨筋が収縮位となり緊張しやすくなる。
また後傾した側の下肢は腸骨が後下方に変位するため、
大腿二頭筋腓腹筋が収縮位となり緊張しやすくなる。

上肢・体幹においては前傾した側の背部の脊柱起立筋
広背筋僧帽筋上部の過緊張が生じやすい。
後傾した側の上肢・体幹は腹直筋が収縮位となり緊張する。
それに伴い肋骨が尾側に変位し、鎖骨も尾側に変位する。
この変位により大胸筋胸鎖乳突筋
収縮位となり緊張しやすくなる。

骨盤の後傾側の上肢体幹は屈筋優位となるため、
脳梗塞後遺症などでウェルニッケマン肢位をとっている場合、
より緊張が強くなることも少なくない。

筋の緊張のパターンと骨盤変位の関係が一致するようであれば、
治療すべきポイントが見えてくるかもしれない。
アライメントと筋緊張の関係

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

呼吸と体の協調 

呼吸によって体も協調して動きが生じる。
それらの動きをより細かく見ていくと、
呼気と吸気で動き方が変化する。

呼気では仙骨の前傾とうなずき運動が生じ、
靭帯性の支持が強くなる。
いわゆるニューテーションの働きが生じる。
この状態ではインナーと連動しやすく、
筋の伝達性は向上する。

吸気では仙骨の後傾と起き上がり運動が生じ、
筋性の支持が強くなる。
いわゆるカウンターニューテーションの働きを生じる。

スポーツでインパクトの瞬間は
息を吐けというのはよく言われる。
これはニューテーションにより、
骨盤の締まりを利用することが重要だと考える。

ここぞという時に体の芯に力を入れる。
こうした働きは体に軸を作り、
力だけではなくより正確な運動を
行なうために重要になるのではないだろうか。

骨盤と連鎖

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

体の中心を保つ 

アライメントが重要だといわれるが、
体の中心を保つことは非常に重要である。
武道や茶道など日本古来の姿勢を重要とするものや、
スポーツでも軸がぶれないとかしっかりしているとか、
よく耳にするかもしれない。

中心を保つということは重心線が
だいたい体の中央を通ることになり、
それに伴い体は無駄な力が必要なくなる。
無駄な力が必要ないということは、
アウターマッスルは緩み、インナーマッスルが活性化する。
このような姿勢では中心がぶれにくく、
体は軽い。そして呼吸も行ないやすく、
脳などの中枢神経も良好に働くため、
小さなことが気にならなくなる。
回転軸の形成が可能となり、
働きが悪くなりやすい大腰筋や
ハムストリングスなどの働きが活性化される。

逆に中心を保つことが出来なければ、
体は丸まり重心が低くなり、
体は力が入りやすく重たい。
呼吸がやりにくく胸苦しかったり、
息が吸いずらかったりする。
呼吸・血液・脳脊髄液などの循環が悪くなるため、
中枢神経の働きが低下し、
小さなことが気になり過ぎ、
気持ちのコントロールが難しくなる。

例えば悪い姿勢で今悩んでいることを思い出してみよう。
体を丸めた状態で考えると、あまり頭が働かず、
よい解決案は思い浮かばない。
気持ちの方に意識が向きすぎるので、
どうしたらよいかより嫌なことばかりが頭をよぎり、
辛い気持ちや腹立たしい気持ちが思い出されやすくなる。

次によい姿勢をしてみよう。
体を起こし目線を少し上に向け、
自信満々といった姿勢である。
その姿勢をとるだけで表情も少し変わってくる。
そこで先ほど悩んでいたことをもう一度思い出してみる。
さっきより、嫌なことは思い出しにくくなったり、
気分が先ほどのように揺らがなくなる。

姿勢というのは筋や関節の問題はもちろん、
心理面などに働く中枢神経も影響を及ぼす。
センターを意識し、軸をしっかり持つことで、
人生の軸もしっかりとしてぶれない
そんな人間になるかもしれない。

無題 1

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

体の前面と後面の筋膜連結 

体には前面の筋膜連結である
スーパーフェイシャルフロントライン(以下SFL)と
後面の筋膜連結である
スーパーフェイシャルバックライン(以下SBL)がある。
前面の筋膜に制限があり短縮すると体は曲がりやすくなり、
後面の筋膜に制限があり短縮すると体は反りやすくなる。
例えば腰椎椎間板ヘルニアがあり、前屈で症状が悪化する場合、
前面の筋膜連結であるSFLを緩めていく必要がある。
また脊柱管狭窄症があり、後屈で症状が悪化する場合。
後面の筋膜連結であるSBLを緩める必要がある。

腰の症状なので腰に意識が向きがちであるが、
筋膜を介して離れたところにも影響を及ぼす。
頭部側に問題があるのか、それとも足部側に問題があるのか。
あるいはその両方か。こういった細かな評価こそ
療法士が見るべき重要なポイントとなる。
前面と後面の筋膜連結

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 2

top △

頭頸部後面のランドマーク 

後頭下筋群を触診するためには、
ランドマークを把握するとよい。
最も頭側である外後頭隆起
頭部の中心で軽度伸展すると筋が膨隆するが、
そのすぐ上の隆起しているのが外後頭隆起である。

外後頭隆起の側面を上下に滑らしながら触ると、
上項線の稜を触診できる。
この稜は乳様突起まで伸びている。

第一頸椎の横突起はまず乳様突起を触診し、
そこよりわずかに下と前方に位置する。
痛みの出やすい部位なので
出来るだけ優しく触治することが求められる。
胸鎖乳突筋の下になるので、
つい強く押してしまいがちだが、
指を置きゆっくりと沈んでいくのを
待つくらいの気持ちがたいせつになる。

第2頸椎の棘突起は外後頭隆起を下にたどっていって、
中心部で次に触れる隆起部である。
第2頸椎の棘突起は他の頸椎棘突起と比べて、
比較的大きく目立つのが特徴である。

これらが頸部の筋を触診する時に
必要なランドマークである。
的確に触診し、スムーズな治療が行なえるように
練習が必要な部分でもある。

後頭下筋ランドマーク

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

後頭下筋群 

頸部のインナーマッスルである、
頭長筋と頸長筋は頸部屈筋になるため、
促通するためには拮抗筋である
後頭下筋群が緩んでいる必要がある。

この後頭下筋群は頭部と上部頸椎を連結しているものである。
環軸の安定や頸部の前後や傾きの動きに関与する。
大後頭直筋・小後頭直筋・上斜筋・下斜筋があり、
左右各1つずつで計8つの筋で形成される。
筋紡錘が非常に多い場所としても知られ、
大殿筋は1gに対し筋紡錘0.7個に対し、
後頭下筋群の筋紡錘は同じ1gあたり36個存在する1)。
また小後頭直筋は硬膜との連結もあるため、
脳脊髄液の流れや脊椎動脈・後頭下神経の影響をうけ、
頭痛に関係することもある。

アナトミートレインでは体の後ろの筋膜連結である
スーパーバックラインの中心的役割となるのだが、
過度に緊張していると相反抑制の影響を受け、
頭長筋・頸長筋の収縮を阻害してしまう。
後頭下筋群の過緊張をコントロールし、
頸部の安定性を確保することで
より安定した姿勢を作り出すことができるのではないだろうか。

ディープフロントライン2

1)Peck D,Buxton D,Nitz A. A comparison of spindle
 concentrations of large and small muscles.Journal
 of Morphology 1984;180:245-252.

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

ディープ・フロント・ライン 

頸部の前面にある頭長筋と頸長筋は筋膜連結により、
深部体幹の連結を持つことになる。
アナトミートレインでは
ディープ・フロント・ライン(DFL)と呼ばれる。
前縦靭帯と横隔膜と連結後は
骨盤を通り、股関節と密接に繋がる。
この深部の筋膜連結は呼吸と歩行のリズムに
相互関連作用を及ぼすことになる。
神経や細胞を指示する器官としても
機能することを考えれば自律神経バランスにも関与する。

体の芯を形成する部分でもあるので、
ディープ・フロント・ラインが機能しない場合は、
体全体の短縮とともに中心の破綻。
好ましくない代償を生み出すことになる。

顎を引くという行為は、頸のみの問題ではなく
体の深部まで影響を及ぼすこととなる。
ディープフロントライン

1)トーマス・W・マイヤース,板場英行(訳) 他:アナトミートレイン.
 -徒手運動療法のための筋筋膜経線:医学書院,2009

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

姿勢と横隔膜 

体は左右対称にすべきなのか。
それとも、もともと左右対称でないので、
対称性は考えなくても良いのか。
こういった議論は多い。
今回はその議論に対する一つの考え方を紹介する。

まず体の位置関係と横隔膜について。
体は左右対称にはできていない。
心臓は中心よりやや左側にあり、
胃も左側に位置する。
肝臓は右に位置しており、
それにともない、横隔膜の形状も微妙に変化する。
横隔膜の末端は脊柱や一部大腰筋と連結するため、
間接的に身体機能にも影響を及ぼす。

横隔膜は呼気の時に上に上がり、
空気を外に送り出す。
吸気の時は横隔膜は下に下がり、
空気が吸い込まれる。
横隔膜がうまく機能している場合は、
ドーム型となりやすく、
機能が低下するとフラット型となりやすい。
フラット型の横隔膜側は肋骨が前方突出し、
腰部は前傾が強くなる。

一般的には右側のほうが横隔膜は働きやすい。
右側は横隔膜の下方に肝臓があるため、
肝臓が支持する分、上方に動きやすい。
また右肺は3葉あり機能も高い。
左側は横隔膜の上方に心臓が乗った状態で、
横隔膜の下方にある胃も支持は弱い。
よって右側の大腰筋の方が使いやすいため、
右重心が多く右利きも多い。

ロンハラスカ氏の提唱するPSI
(Postural Restoration Institute)では
通常の左右差はミリ単位のもので目視でわかるものは、
過剰な左右差として修正する必要があるとする。
横隔膜の機能が低下すると生じるのは、
前途のように肋骨の前方突出。
次に腰部の前傾が強くなる。
また股関節の緩みが生じる。
チェックポイントとしては肋骨の盛り上がり、
骨盤の前傾、足部の外転などになる。

例えば左の横隔膜の機能低下であれば、
左のハムストリングスの促通、
右大殿筋の促通をおこない骨盤の変位を修正。
腹横筋の促通と横隔膜と骨盤の連携とともに、
右の過剰な呼吸を抑制するなどがアプローチとなる。

体は様々な部分が繋がり合っている。
一つの症状は多くの問題が交わりあっている結果であり、
その繋がりの修正こそ、根本的な改善に繋がる。
細かく見る視点と広く見る視点を使い分けて、
真の改善を図ることが重要となる。

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

2017-02
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。