FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

2014年09月の記事一覧

仕事での目標の必要性 

よく目標を立てることは大切と言われる。
リハビリテーションでも短期的な目標や長期的な目標を設定する。
仕事においても目標を立てることは非常に重要である。
時間の経過とともに、仕事がマンネリ化し
やっつけ仕事にならぬよう常に考慮する必要がある。
ではなぜ目標が必要なのだろうか。

目標なくただマンネリに無意識で仕事をこなすようになると、
得られた結果がうまくいったか、うまくいかなかったか。
どうでもよくなる。
目標があるからこそ一つ一つの仕事に目的が見えてくる。
目的が見えるからこそうまくいったか、
うまくいかなかったかが明確になる。

マンネリ化すると喜びと悲しみの感情は乏しくなる。
しかし、感情はなくなるのではなく怒りやすくなる。
怒りやすくなると上の方針に腹が立つことが増えたり、
下のやることが理解できなかったりする。
今は何をすればよいのか。
次は何をすればよいのか。
短期的な目標と長期的な目標。
それは自分にとって必要なものを明確にし、
今の仕事に目的を与えてくれる。
仕事に追われ、次第に慣れていきマンネリ化するよりも、
常に仕事を追いかけていく気持ちが大切だと思う。
関連記事
スポンサーサイト



Category: 仕事の戦い方

TB: 0  /  CM: 0

top △

2014-09