FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

2014年09月の記事一覧

肩こりは日本人特有?肩こりの不思議 

日本では肩こりというのは一般的である。
「肩がこるんよ~。」といえば、
だいたいどういったものか想像がつく場合も多い。
診断では頸椎疾患や胸郭出口症候群、
内科的にも高血圧や更年期障害などで生じるとも言われる。
しかし、この肩こり。実は海外では通じないことがある。

海外で肩こりが通じないとはどういうことなのか。
海外では肩がこるという訴えはほとんどないようである。
それどころか英語圏やドイツ・フランス・中国では、
肩こりという言葉そのものが存在しないのである。
言葉そのものが存在しないので説明しても通じない。
要するに肩こりという概念そのものがないのである。

このことは肩こりの不思議であり、謎である。
日本人は体が小さく、筋肉も細いため。
また頭は欧米人と比べ日本人のほうが重たい。
このような症状が生じやすいというのも理由といわれている。
また「疲れると肩がこる」という先入観も、
症状を作り出す原因となる可能性も指摘されている。

体というものは実に不思議なものである。
関連記事
スポンサーサイト



Category: 肩関節

TB: 0  /  CM: 0

top △

2014-09