Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

つま先が下がる理由。問診から絞り込む 

つま先が上がらない患者さんの原因は
目線が下にある、体幹が前屈傾向、
前方への推進力の代償などが原因であることは前回述べた。
またこういった原因をさらに分解すると
精神的な不安体幹の伸展制限体幹深層筋の筋力低下
そして股関節の伸展制限伸筋の筋力低下などに分かれる。

こうした問題を全部評価するのは
限られた時間の中では困難なことが多い。
臨床では動作を実際に見ながら
いくつか質問を行ない絞り込んでいくことが多い。

精神的な不安が疑われるとき
「歩くときは不安ですか?」
「足の裏の感覚はわかりますか?」
 (下肢のか緊張に伴う位置覚・運動覚減少の確認)

体幹の伸展制限が疑われるとき
「体を伸ばすことはできますか?」

体幹深層筋の筋力低下が疑われるとき
「体を伸ばすのはしんどいですか?」

股関節の伸展制限が疑われるとき
「足を後ろに蹴ることはできますか?」

伸筋の筋力低下が疑われるとき
「体を起こして歩くと前に進みにくいですか?」
「足の後ろに力が入る感じはしますか?」

こういった質問をしながら動作を観察していき、
評価項目を絞り込む。
さらに原因となる可能性に対してアプローチを行ない、
効果を判定して効果の判定をしていく。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1009-254da061
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。