Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

姿勢と頭の重さ 

頚や肩の凝りなかなかとれないことが多い。
ほぐしてもまた元に戻ってしまう。
この凝りは一体どこからきているのだろうか。

原因として多く挙げられるのが姿勢である。
頭の重さは体重の13%程度あると言われる。
約5kgだとすれば
お米5kg、ボーリングのボール11ポンド、
500mlのペットボトル10本に相当する。
この重たい頭が体の一番高いところに
のっていることを考えれば姿勢が関係することは
容易に想像できるだろう。

そしてこの頭の位置が解剖学的に正しいと言われる位置から
前方に移動すればするだけ頸部の負担は増加する。
頭部の位置が0.5cm前方に移動するごとに
頚への負担は約1kgも増加する。
デスクワークをしている方の場合、
5cm以上前方に位置していることも多く
この場合約10kgも負担が大きくなっており
頭の重たさを合わせると15kg以上を
頚が支えていることになる。
それを何時間も続けていれば
肩凝りは必然的に作られてしまうことになる。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 日常生活の影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1016-f862e288
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12