Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

BMIの算定は有用か 

肥満の発見の目的で、健常成人に対し
身長、体重を測定することは推奨されるのだろうか?

日本肥満学会肥満症診断基準検討委員会(2000年)
によるとBMI(Body Mass Index)
「体重(kg)/身長(m)の2乗」で
 ・やせはBMI<18.5
 ・正常は18.5≦BMI<25
 ・肥満は25≦BMIとしている。

BMIは信頼性、妥当性の高い指標であると考えられ、
スクリーニング目的でのBMIを算出は
大きなリスク、費用にはならない。

また肥満は著しい余命の短縮、若年での死亡との関連など
のエビデンスが示されている1)
行動療法などの介入を行うことで
肥満による死亡率を下げるという直接のエビデンスはないが、
減量により糖代謝、脂質、血圧の改善が
認められたというエビデンスはある2)

これらのことからBMIを算出し、
行動療法などの介入をした場合
減量そのものが死亡率を下げるとはいい切れないものの、
関連する指標を改善することは示唆される。
そしてそれによる大きなリスクや費用はなく、
効果に関しては限定的ではあるものの
有用であると言える。

しかしながらBMIに関したエビデンスは、
欧米のものがほとんどであり
日本人を対象にした場合の効果に十分な根拠はない。
BMIによるリスクや費用面での問題はないものの
効果に関しては今後日本人でのデータの蓄積が
重要になると考えられる。

1)Peeters A, Barendregt JJ, Willekens F, et al; NEDCOM,
 the Netherlands Epidemiology and Demography
 Compression of Morbidity Research Group. Obesity in
 adulthood and its consequences for life expectancy:
 a life-table analysis. Ann Intern Med. 2003;138(1):24-32.
2)McTigue KM, Harris R, Hemphill B, et al. Screening and
 interventions for obesity in adults: summary of the evidence
 for the U.S. Preventive Services Task Force. Ann Intern Med.
 2003;139(11):933-49.
関連記事
スポンサーサイト

Category: メタボリックシンドローム

TB: 0  /  CM: 2

top △

この記事に対するコメント

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

# |  | 2013/07/19 08:27 * 編集 *

Re: 参考になりました。

コメントありがとうございます。
そのように言っていただけると光栄です。
あんこ餅さんのブログはとても見やすく
きれいなレイアウトのブログですね。
私の方もまた見させていただきます。
よろしくお願いします。

藤原大輔 #- | URL | 2013/07/23 21:07 * 編集 *

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1023-44e8a9c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。