Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

腸腰筋と歩行 

腸腰筋は脊椎〜大腿骨まで続いているので、
歩行に大きく関わってくる。

立脚中期〜後期では股関節伸展が生じるが、
腸腰筋が緊張・短縮していると
可動域制限が生じてしまう。

また遊脚期ではスイングに腸腰筋の収縮が生じるが、
筋出力が低下すると初動が遅れたり、
重たい感覚が生じることがある。

股関節の伸展は高齢になると低下しやすい運動方向である。
股関節の伸展と歩行参照
評価では股関節の伸展可動域は十分にチェックする必要がある。

腸腰筋1
関連記事
スポンサーサイト

Category: 股関節

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1035-e043e5a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12