Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

腰痛のGreen lightからYellow flag 

重篤な状態であるRed flagでない場合の腰痛は
心配のない腰痛としてGreen light(青信号)と呼ばれる。
すぐに手術や治療をしなくても問題のない腰痛である。

これらの症状の80〜90%は痛みの症状であり、
6週間以内に90%改善すると言われる。

また5〜10%の患者に神経根症状が認められが、
これも6週間以内に50%改善すると言われている。

神経根症状だがデルマトームに一致しない症状も多く、
真の神経根症状なのか偽根性のものなのか
評価による鑑別は必須である。
最悪ひとつの神経根が完全に機能しなくなったとしても、
運動機能においては各筋多恨性支配であるため、
訓練によりある程度の筋力の回復は見込むことができる。

通常は時間とともに回復することが多いため、
保存治療を選択されることが多い。
しかし心理的な問題などが同時に存在し、
安静・休職・活動低下など活動性が低下してしまうことで、
Yellow flagに移行してしまう可能性がある。
これは腰痛が慢性化し、長期の活動性低下となるものである。

現在では腰痛が生じても
できるだけ活動性は維持することが推奨されている。
これは短期的な身体的問題よりも
長期的に考えた時の精神的問題を
回避するという意味も大きいのであろう。

Green lightをYellow flagにしないよう
介入していくことも大切な役割ではなかろうか。

非特異的腰痛5

1)Frymoyer JW N Engl J Med 1988
関連記事
スポンサーサイト

Category: 腰椎

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1047-2fe619ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12