Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

屈曲タイプ 

体幹を屈曲することで症状が誘発される状態を
ここでは屈曲タイプと呼ぶ。
屈曲タイプでは立位より座位のように
体幹が屈曲する肢位で症状が悪化する。

関節では腰椎が屈曲傾向になりそれがストレスになる。
その場合は周辺関節の可動性が低下していることが多く、
胸腰椎以降部の屈曲の可動性や副運動の低下、
股関節の屈曲の可動性や副運動の低下がこれにあたる。

その可動性の低下が筋による影響であれば
体幹の屈曲および骨盤の後傾に関連する筋が
関係することになる。
体幹を屈曲する筋として腹直筋、
骨盤を後傾する筋として
大殿筋・ハムストリングスが挙げられる。
それらの筋の緊張を軽減し、
体幹の伸展や骨盤の前傾を促す筋である
脊柱起立筋と大腰筋を促通する。

屈曲タイプは椎間板症や椎間板ヘルニアなどに多い。
脊椎の前屈傾向により、髄核は後方に移動する。
それにより椎間板性の疼痛が出現したり、
神経根が圧迫を受けることになる。
神経根そのものは正常神経であれば
物理的なストレスでは症状は誘発されないが、
炎症等の生理学的な変化があれば
神経根症状を示すことになる。

腰痛
関連記事
スポンサーサイト

Category: 腰椎

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1077-cc813f7f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2017-04
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。