Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

砂糖と依存 

砂糖にも依存性がある。
異性化糖やパン、麺類、白米などの
精製された糖質も同様である。

こういったものを摂取した時は
おいしいと感じると同時に幸せを感じる。
これはドーパミンの分泌によるもので
大脳辺縁系の側坐核から放出される
報酬系によるものである。
この側坐核にドーパミンD2受容体があり、
この部分にドーパミンが結びつくことで幸せを感じている。

しかしこのドーパミンが頻繁に出続けるとどうなるか?
ドーパミンD2受容体が減少するため
報酬系が麻痺して働きにくくなってくるのである。
そうなってしまうとより多くの刺激がなければ
反応しなくなってしまう。
ドラッグと同じようにどんどん量が増えてしまうのである。
このD2受容体が減少することで様々なことにおいても
幸せを感じにくくなるため、依存しやすくなる傾向になる。

自分に対して報酬を与える場合は、
たまにのご褒美が良い。
もしストレス発散に毎日のように報酬を与えると、
慣れが生じ徐々にその量は増えるばかりでなく
さまざまな依存にも繋がってしまうようだ。
関連記事

Category: 健康

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1097-c85f1501
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12