Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

筋肉と男性ホルモン 

筋肉は男性ホルモンと密接な関係がある。

男性ホルモンはタンパク質を筋肉にかえる作用があるので、
筋肉量が増えると使用される男性ホルモンも増えやすくなる。
男性ホルモンは増加することで闘争本能や性欲を高めるなど
男性らしさを形成するためのホルモンである。
それに対して男性ホルモンが減少することで
鬱病や男性更年期障害などにつながる。

かといって筋肉のつき具合は人によって差が出やすい。
まず適切なトレーニングをすることがまず第一で
次ぎに栄養としてのタンパク質が必要となる。
そしてそのタンパク質は男性ホルモンの働きで
筋肉に変えるように促す。
生まれつきの筋肉の線維の量や男性ホルモンの量にも影響されるので
がむしゃらにトレーニングをすれば誰でも筋肉質になれる訳でもない。

これからの夏、男子が筋肉を欲する季節である。
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1126-bdb510ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12