Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

カラオケがうまくなるアプローチ 

それでは少し息抜きにカラオケの上達法などを。
声を出すことについても体の多くの筋を働かせる。
そしてそれらの筋を駆使して呼吸と音で表現していく。

一般的にはこうしたトレーニングをボイストレーニングと呼ぶ。
ボイストレーニングはこれの出し方を練習する。
呼吸法や体の使い方、喉や舌の訓練などを行う。
よく議論になるのは腹式呼吸がよいのか?
それとも声区融合がよいのか?の2つである。
声区融合とは胸声と仮声を融合させていくことである。

要するに呼吸が大切か。喉の使い方が大切かという話である。
呼吸がうまくできないと安定した息を送れない。
しかし、声帯が連動しなければきれいな声に変換されない。
フレデリック・フースラーやコーネリウス・リードは
双方ともに大切であり、相反するものでなく
相互に補い合うものであると重要性を説いている。

1)コーネリウス・リード,渡部東吾訳:ベルカント唱法 その原理と実践.音楽之友社.2002
2)フレデリック・フースラー,イヴォンヌ・ロッド=マーリング,
須永義雄・大熊文子訳:うたうこと 発声器官の肉体的特質,音楽之友社,2000年
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1152-2cbac634
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12