Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

カラオケがうまくなるアプローチ4 

今回はカラオケがうまくなるアプローチの最終回。
テクニックについてである。

まず一番重要なのが呼吸法。
腹式呼吸で鼻から吸い口から吐く。
しっかり腹式呼吸ができることで声量が増える。
この呼吸により喉に負担をかけることも
軽減することができる。

それからテクニックを身につけるための練習法がある。
まず高音を出すために必要なハミング
高音は鼻から音を通すことが大切になるため、
ハミングはその感覚を得る練習になる。
口を閉じた状態で鼻歌を歌う要領で、
少しずつ高い音にしていきながら鼻から音を通していく。

タングトリル
舌を上の前歯の後ろのほうに配置し、
トゥルルルと震わせながら声を出す方法である。
巻き舌のような感じである。
声量をコントロールする有効な練習法である。

次にリップロール
タングトリルはできる人とできない人がいるけれど、
リップロールは練習すればやりやすいものである。
口を閉じアヒル口のように軽く唇を突き出す。
腹式呼吸で息を吸い込み、
閉じた唇の間から息を吐き出し、
唇を「ブルブル」と振動させます。
音を短く切ったり、ロングトーンなどの練習も、
リップロールで行うとよい。
トレーニング前後で、発声のしやすさや
声の変化に驚くと思う。

最後にドッグブレス
これはビブラートをかけるのに用いる。
犬の呼吸のように「はっはっはっ。」と声を出す。
これにより横隔膜を細かく動かすことができるので、
練習によりビブラートで必要な横隔膜の振動を
作り出すことができる。

こうしたテクニックを身につけることにより
口の形の作り方や安定して同じ量の息を吐き出す
ことができるようになり、
喉に余計な力が入らなくなってくる。
リラックスした発声を無意識に行うことができる。

ぜひ試してみるとどうだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1155-1206f051
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12