Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

回復の阻害因子 

軟部組織の治癒率は
半月(2週間)で50%
1ヶ月半(6週間)で80%
3ヶ月半(12週間)で100%と言われる。

無題 1

約2週間経過すると50%程度治癒が進むため、
痛みは大幅に減少する。
この時期にオーバーユースが生じやすく、
再び症状が再燃することは非常に多い。
これは痛みが大幅に軽減したため、
前と同程度動くことが可能だと誤って
判断してしまうことが一つ。
もう一つは2週間の間、思うように動けなかった
心理的なフラストレーションで
つい動きすぎてしまうというものである。

痛みも軽くなったし、今まで動くのも我慢してたので
つい気合いが入りすぎてしまい、
回復は50%なのに運動量は以前の150%なんてことも
よくあることである。

またこうした心理はさまざまな部分に影響を及ぼす。
次回はこうした心理的な影響について
述べていきたいと考える。

1)Paris SV:Principles of Management.Payton OD(ed):Manual of
 Physical Therapy.Churchill Livingstone,New York,
 1988,pp329-339
2)奈良勲 他:系統別・治療手技の展開 感覚器系(外皮)/
 結合組織/リンパ系/筋系/神経系/関節系 
 改訂第2版,協同医書出版,p17,2007
関連記事
スポンサーサイト

Category: 痛み

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1161-f6f57ea4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。