Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

神経システムの評価2 

従来の筋力テストは抵抗の前に合図を行う。
「それでは力を入れておいてくださいね。
 いきますよ。はい!!」
この場合、被検者は抵抗する前に力を入れることになる。
このときの収縮様式は求心性収縮からの等尺性収縮であり、
静的γ運動ニューロンの働きである核鎖線維の反応となる。
絶対的な筋力を見るときに用いられる従来のものは
このような方法となる。

では神経機能のテストの場合はどうすれば良いだろうか。
抵抗の前に合図を行わなければ、神経機能を確認することができる。
「それではここで止めといて下さいね・・・」
そして検者は少しタイミングを遅らせて、抵抗をかける。
このとき、被検者は力を受けることで一時的に筋が引き延ばされ、
それに対して抵抗する形になる。
このときの収縮様式は遠心性収縮からの等尺性収縮であり、
動的γ運動ニューロンの働きである核袋線維の反応となる。
これにより神経機能を確認することになる。

核鎖線維は筋の長さそのものに反応する、
静的γ運動ニューロンの働きである。
また核袋線維は速い伸展に反応する、
動的γ運動ニューロンの働きとなる。
これらの性質を利用することで、
絶対的な筋力と神経的な機能を分別し、
評価することができるのである。

神経システムの評価
関連記事
スポンサーサイト

Category: 評価

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1178-fbeef08e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12