Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

求める歩行とは1 

歩行に対してアプローチをするときは、
どんな歩行を目指すのかを明確にしているだろうか?
療法士の視点での歩行が必ずしも
患者の求めているものと一致しないことも少なくない。

求めているのは
 どのくらいの距離なのか?
 どんな場所を歩くのか?
 どんな歩き方なのか?
こういった条件によっても、
アプローチするものは変わってくる。

訴えとしては痛みがあるなら、
歩行時の機械的ストレスの軽減を考慮する必要があるし、
疲れなら無駄な身体活動を考慮する必要がある。
スピードが遅いのであれば力の伝達にロスがあるので、
それぞれ見ていく視点が変わり、
アプローチする場所も変化する。
次回はそれぞれの視点の例を述べていきたい。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 歩行

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1179-7ecc8efb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12