Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

効率の良い歩行 

歩行は負担が少なく、
安定したものがよいのは言うまでもない。
このような効率の良い歩行には
力学的効率性と構造的優位性が必要になる。

力学的効率性とは力が無駄なく伝達され、
動きが生じている状態である。
それにより動作には流動性があり、
滑らかな動きを生じることになる。
また動きのリズムも一貫性があり、
左右の足のリズムが崩れることないため、
足音も一定のリズムを作り出すことになる。

構造的優位性とは足先から頭部までの骨が
バランスよく配置されていることが必要である。
それにより、筋の緊張のバランスが保たれ、
柔軟性が高くなっている他、
筋活動も最小のものとなる。

これらを作り出すためには
関節の可動性と適切な筋の働き、
円滑な神経機能とそれを命ずる脳のすべてが
オーケストラのように協調する必要がある。
一つ一つの機能と全体的な調和を見る視点は
常に磨いていく必要がある。

i支持基底面の移動
関連記事
スポンサーサイト

Category: 歩行

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1181-4811bbee
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。