Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

リハビリテーションと日常生活 

リハビリテーションを行う上で、
目標設定は非常に重要である。
目標を設定するということは
理想を定めるということであり、
理想につながる行動が生じ、
具体化したときに正の強化が生じる。
その際はセラピストの賞賛も
正の強化への働きかけとしては大きい。

身体機能のみに注視したリハビリテーションでは
できることが増えても生活は改善しない。
生活と役割を考えたリハビリテーションでは
していることを増やしていくことができる。
生活について聞きながら進めていくことが大切である。
できるADLとしているADLは違うのである。

気をつけるべきはリハビリテーションによって
過度に自分の守りを強くしてしまうことである。
安全な失敗や修正の手助け、
自分一人でできる成功体験があれば良いが、
失敗の恐怖や頼ることによる報酬が強いと、
依存が強化し、自立でなくただ迷走してしまう。
いかに自分自身で成功する体験を積み重ね、
失敗しても大丈夫だという認識が持てるかが
重要になるのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 日常生活の影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1183-468e5be2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。