Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

生体力学の歴史 

運動の学問では力学という
物理学の一分野を元に作られている。
力学とは力と物体の影響を考える学問で、
これが発展したものを身体力学と言う。

この身体力学では
骨をテコとし、関節を支点とし、筋をバネとする。
これにより運動をより客観的に捉えられるようになる。

歴史としてはやはりアリストテレスは
外せないところであろう。
プラトンの弟子であり、西洋最大の哲学者とも言われる。

またレオナルドダビンチは特に有名な偉人の一人である。
絵画、彫刻、建築、音楽、科学、数学、工学、
発明、解剖学、地学、地誌学、植物学など
様々な分野に顕著な業績がある。

またルイージ・ガルヴァーには
筋収縮はインパルスで発生することを確認し、
中枢神経の制御も生体力学を考える上で重要だと解いた。
これにより、神経生理学も体の動きを考える上で
切り離せない部分として捉えられるようになった。

無題 1
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1187-eeedc06c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。