Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

運動神経と筋紡錘 

筋肉は常に自動的に長さを調節する役割がある。
それは筋肉内にあるセンサーである
筋紡錘とゴルジ腱器官の働きによるものである。

筋紡錘は筋の中心部である筋腹に多くあり、
ゴルジ腱器官は筋肉が骨につく腱の部分にある。
これらが筋肉が引っ張られると、ある程度で縮み
また筋肉が過度に緊張したら緩むように働く。
これにより筋肉が損傷するのを防いだり、
容易に形状が変化しないようになっている。

それでは筋紡錘から説明する。
筋紡錘は外側が錐外筋線維
内側が錐内筋線維となる。
この筋紡錘は筋の筋腹に多くあることは既に述べたが、
この筋紡錘が脊髄の神経と繋がっている。

脊髄からの運動指令の大半は力の強さを決定するもので、
残りはセンサーの長さを調節するものである。
力を調節するものは脊髄からα運動神経に繋がり、
筋紡錘の錐外筋線維に接続する。
またセンサーの長さを調節するものは
脊髄からγ運動神経に繋がり、筋紡錘の錐内線維に接続する。

これにより、脊髄からの指令は二つの神経により、
強さが調節され、またセンサーも適切な長さに調整される。
さらにα運動神経は姿勢に関与するものと
瞬発性に関与するものに分かれており、
より細かな体の動きの形成に役に立っていると考えられている。

運動神経と筋紡錘
関連記事
スポンサーサイト

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1188-2c0d046e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12