Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

変形性膝関節症に対する筋の促通 

変形性膝関節症に特徴的なラテラルスラストは、
膝関節の外反モーメントの増加のみならず、
股関節の外転モーメントの増加や、
足関節の外反モーメントの減少が認められる。
そしてこれらの運動が困難な理由に、
筋出力の低下が一つの要因としてあげられる。

立脚中期から後期にかけて変位したアライメントを
戻す働きのある筋を促通することが重要である。
関わる筋は足部から前脛骨筋・後脛骨筋、
大内転筋・内側ハムストリングス、
大殿筋下部線維であるがこれに当たる。

特に内側ハムストの萎縮は臨床上、
視診で確認されることも多い。
レントゲン画像と比べ、実際の膝のO脚が著明に見える場合は
この内側ハムストの萎縮の頻度が多い。
これは大腿の内側部が萎縮するために、
骨の輪郭がより強調され、
見かけ上O脚が著明に見えてしまうためである。

これらの筋を促通し、立脚初期から中期にうまく働くよう、
CKCトレーニングも含めて行っていく必要がある。

i人体動作odp
関連記事
スポンサーサイト

Category: 膝関節

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1212-be5b56c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12