Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

股関節の伸展 アプローチ2 

痛みと可動性が改善したら
次は筋力のアプローチを行っていく。
痛みと可動性の改善により筋力も発揮されることが多い。
それでもなお筋力が弱い場合に考慮していくことになる。
股関節の伸展筋力に関しては大殿筋の筋力が重要であるが、
大腰筋や大腿四頭筋の過緊張があれば相反抑制の影響で、
大殿筋の筋出力は減少されやすい。
また脊柱起立筋による固定筋作用と
ハムストリングスによる共同筋作用とともに
筋膜連結の関係からも肢位によっては重要である。
この固定筋と共同筋は代償として
働かせることもできる。

心因性に関しては痛みへの不安や
動きに対する過剰な意識があると動作が阻害される。
痛みへの不安は扁桃体が過活動し、
前頭前野の働きを阻害する。
運動の計画のプログラムに誤差が生じ適切な運動を阻害する。
また動かすことに過剰に意識がある場合は、
運動野に関わる大脳皮質が過度に働き、
相反抑制の働きを打ち消してしまう。
主動筋と拮抗筋が同時収縮を起こしてしまい、
円滑な動作が困難となる。
運動に対する意識ではなく、感覚に対する意識に重きを置き
運動イメージの想起するように促す。
痛みの不安や運動に意識を置いている場合は、
過剰な緊張が生じ、同時収縮を生じやすい。
その状態では筋紡錘や腱紡錘が正常に機能しないので、
位置覚・運動覚が脳に入力されない。
感覚に意識を集中させることで過緊張は解除され、
位置覚・運動覚の入力とともに運動イメージの想起が可能になる。

それぞれの問題にどう対処していくか。
評価での情報が非常に重要になるが、
仮説が必ずしも一致するとは限らない。
またいくつもの要素が混在していることも多い。
治療前と治療後の効果判定を行い、
一つ一つのアプローチを検証していくことが
今後のアプローチの参考に繋がっていくと考える。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 股関節

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1227-644c2d9d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。