Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

狭く見るものと広く見るもの 

理学療法によるアプローチを考える上で、
根拠に基づいて行うことは非常に重要である。
特に急性期においての重要性は高い。
急性期では再骨折や炎症の増強など
問題点の高いものが集約できる。

しかしながら、家庭生活や本人のニーズを考慮した、
変性疾患や慢性疾患になってくると問題は多様化し、
優先順位も個々において様々になる。
問題点同士の相互関係や、日常生活による影響など
身体面だけでなく心理面や社会的な問題も含まれると
問題を完全に解釈するのは非常に困難なものかもしれない。

何が原因で症状が出現しているのか考えることは大切だが、
生きている人間の場合は多くの条件が存在する。
一つの原因により、一つの問題が起きるというのは
逆に不自然とも考えられる。

理学療法のアプローチ前とアプローチ後で
効果判定をすることはもちろん大切である。
しかし、アプローチの効果だけでなく
姿勢を変えたこと、触れたこと、患者の意識の変化、
心理的な影響など様々な条件の変化がそこに含まれる。
治療者と対象者との信頼関係や周囲の人の状況も
当然関わってくる。

こういったことを考慮すると細かく見ることと
大きく見ることの二つの視点はとても大切である。
アプローチによる効果を客観的に示すことと、
笑顔の一声で生じる主観的なもの。
どちらか一方ではなく両方が合わさってこそ、
大きな効果の出せるアプローチになるのだと感じる。

無題 1
関連記事
スポンサーサイト

Category: 哲学・思想

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1238-16417c67
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12