Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

腹直筋の位置関係 

腹直筋の位置関係は上部と下部で変わってくる。
上部では最も外層部に外腹斜筋、
そして内腹斜筋を貫通するように腹直筋が位置し、
その深部に腹横筋が位置する。

それに対して下部では外腹斜筋、内腹斜筋、
腹横筋すべてが腹直筋の外層部に位置する。
そのため、触診の際に腹直筋の上部なのか下部なのかで、
触知している筋肉が変わってくるのである。

この点を理解することで、
触診や治療がより3次元的に行うことが可能になる。
では次回は触診の際の腹部の変化によって、
どの筋の問題が予測できるのか。
こういった点を述べていきたいと考える。

無題 1
関連記事
スポンサーサイト

Category:

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1257-b80777bc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。