Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

電磁波の周波数の分類 

電波の種類を考えていくためには周波数を考えることが大切である。
電波には様々な種類があるが周波数によって電波の性質は異なる。
それにより、超周波・長波・中波・短波・超短波・
極超短波・マイクロ波と分類される。

周波数は1秒間の波の数を指すのだが、
一般的には周波数が高いものの方が貫通力が高く、
遠くまで届き多くの情報を乗せられる性質がある。
周波数の低いものは回り込んで届きやすいが範囲が狭く、
乗せられる情報量が少ない性質がある。
この性質を利用して、用途に応じて様々な分野に
使い分けられているのである。
では周波数別に解説していく。

超長波 3~30kHz
約10~100kmという長い波長を持つ。
低い山も越え、水中30m程度なら届く。
巨大なアンテナが必要なため利用用途は少ない。
日本では宮崎県のえびの市の潜水艦通信用の送信所が
これを用いている。

長波 30~300kHz
約1~10kmという波長。
超長波までではないが、やはり大きなアンテナ必要。
福島と佐賀にある電波時計の電波に用いられている。
福島が40kHzで佐賀が60kHzである。

中波 300kHz~3Mhz
約100m~1kmの波長。
AMラジオや船舶気象通報、航空無線航行に用いられる。

短波 3~30mHz
約10~100mの波長。
国内遠距離ラジオ、国際放送、洋上航空無線や
軍用無線に用いられる。

超短波 30~300MHz
約1~10mの波長。
別名VHF。アナログテレビでよく用いられていた。
FMラジオ、業務用移動通信、
航空無線や船舶無線に用いられる。

極超短波 300MHz~3GHz
約0.1~1mの波長。
別名UHF。地デジで用いられている。
携帯、無線LAN、アマチュア無線や
電子レンジや極超短波治療器もこの周波数帯になる。

マイクロ波 3~30GHz
約100μm~1mの波長。
直進性が強いため短距離通信が中心。
衛星テレビ、レーダー、マイクロ波治療器や
トイレの小便器センサーに用いる。

テレビでは1~12チャンネルがVHFの極短波の周波数帯。
13~62チャンネルがUHFの極長短波の周波数帯になる。
また地デジもUHFの極長短波の周波数帯である。

無題 1
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1260-cced8934
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12