Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

低栄養 

低栄養になるときは栄養摂取量が減少しているか、
代謝の亢進が生じている。

栄養摂取量の減少は
 ・下痢や腸疾患による消化・吸収機能の低下
 ・食欲低下・悪心・嘔吐
 ・摂食・嚥下障害
 ・味覚障害
 ・食事の介助(食事の認知・座位姿勢困難)

代謝の亢進は
 ・発熱
 ・悪液質
 ・外傷・褥瘡・敗血症
 ・呼吸器疾患や過換気
 ・糖尿・腎疾患・肝疾患のコントロール不良
 ・甲状腺機能亢進症

こういった状態になると、低栄養になるリスクが高まるので
栄養状態の評価が重要になる。
たくさん働くならいっぱい食べなければならないし、
食べることができないなら働くことができない。
このバランスが崩れた状態が低栄養である。

無題 1
関連記事

Category:

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1263-1c14c614
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12