Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

経口摂取と経腸栄養について 


経口摂取について述べていく。
経口摂取での食事は常食・軟食・流動食があり、
軟食では全粥と分粥に分かれいわゆる一般食と呼ばれる。
特別食(療養食)とはエネルギーや
栄養素が調節された食事のことで、疾患や病態により調節する。

食事摂取に限度がある場合に栄養補助食品を利用する。
栄養補助食品は液状やゼリー状のものがあり、
少ない容量で高エネルギー、高蛋白の摂取を
行うことができるのが利点である。
また食物繊維や亜鉛・ビタミンなどのミネラルが含まれるもの、
糖尿や腎不全に対応したものなど
さまざまなバリエーションがあるのも特徴である。


経腸栄養は経鼻胃管・胃瘻・腸瘻がある。
半消化態栄養剤というものを用いられ、
糖質はデキストリン、
タンパク質は乳清蛋白や大豆蛋白が用いられる。
半消化態栄養剤は小腸で吸収されるまでに消化機能が必要である。
消化機能が低下しているときは
消化態栄養剤や成分栄養が用いられる。
いずれにしても逆流や下痢を防ぐために
姿勢や投与速度などの注意は必要である。

栄養摂取法はさまざまなものがあり、
方法や種類など検討する必要がある。
患者の状態によって適切な栄養を手助けできるかが
大切になってくる。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 栄養学

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1268-ae2c6381
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。