Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

摂食機能の各周期のポイント 

先行期
先行期は口腔へ挿入する前の行為である。
大切なのは座位姿勢である。
座位姿勢では頸部のすわりである定頸と持久力が関わる。
この座位姿勢の状態は摂食・嚥下の予後に関わる。
また先行期は準備期以降にも影響が大きく、
解剖学的構造がむせ・誤嚥・窒息に関わることになる。

準備期
嚥下の準備となる時期である。
咀嚼は主に
 ・咬み切る(咬断)
 ・粉々に砕く(粉砕)
 ・すり潰す(臼磨)
 ・唾液と混ぜる(混合)
これにより嚥下可能な食形態に加工した食塊がつくられる。
食物をこぼしたり流涎があるときは口唇に問題が、
咀嚼の際に粉々に砕いたり、唾液と混ぜることが難しい場合は、
頬や舌に問題があることが多い。
この場合は歯の噛み合わせ面にうまく食物をのせられないので
歯の表面に食べ物が付着する状態となる。

口腔期
嚥下反射を誘発することが重要である。
食事に時間がかかったり丸呑みをしている場合は
嚥下反射に問題がないかチェックする必要がある。
嚥下反射を誘発する部位は主に口蓋弓、咽頭後壁、
舌根部となる、この部分に泡上の唾液が覆われている場合は
嚥下に問題がある可能性が高い。

咽頭期
喉をうまく通り、食道までの道なりである。
喉をうまく通過しない場合は、
痰が絡んだガラガラした嗄声やむせ、
呼吸の乱れや喘鳴などが生じる。
嗄声は咽頭部に食塊がたまっている状態。
むせは咽頭部に食塊が入った(咽頭侵入)状態。
呼吸の乱れや喘鳴は声門を越え気管内に侵入した
いわゆる誤嚥の状態を示す。
咽頭蓋前方に気管がある。
そこを越えると梨状窩がありここで一旦左右に道が分かれる。
その後、一つに収束し食道口に向かうのだが、
座位姿勢で左右どちらかに傾斜している場合は、
傾斜側の梨状窩に食塊が停滞する。

食道期
食道期での問題は食べ物の逆流である。
逆流は誤嚥につながり(逆流性誤嚥)肺炎を発症する。
また逆流の影響で口腔内も影響を受ける。
細菌の増殖による虫歯の進行や
酸性による歯の脱灰と崩壊、きつい口臭などがある。
これらも座位保持が重要である。
座位の耐久性がなく、食後すぐに臥床することでも
逆流を誘発しやすくなる。

食べてすぐ寝ると牛になるということわざがあるが、
牛は食べた後、食べ物を再び胃から口に戻して
噛み直す生き物である。
本当は牛のように食べ物が逆流するから
体に良くないといった意味もあるのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 栄養学

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1271-b00f9afb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。