Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

脊椎圧迫骨折の受傷 

高齢者になると骨粗鬆症も生じやすくなり、
骨折のリスクが高くなるのは言うまでもない。
脊椎圧迫骨折はその中でも代表的な骨折ではなかろうか。

症状としては軽度から強い背部痛が特徴である。
高齢者が突然、強い腰痛を訴える場合は特に注意が必要である。
背部を療法士の拳でノックするように叩き、
飛び跳ねるような(jump sign)強い叩打痛が出現する場合は、
気をつける必要があるだろう。
また骨折の場合は、骨振動により疼痛が誘発されるので、
痛い場所より離れた所から叩打するとより判別しやすい。

さて有病率はどうだろうか。
国内では和歌山・山梨・広島の調査がある。
それによれば60歳代で7.6〜14%。
70歳代で37〜45%である。1-3)
広島における前向き疫学研究では加齢により上昇する点や、
女性75歳の10万人当たり年間3000人4)という報告がある。
部位としてはTh6-8が多い。
骨折の既往がある場合は圧迫骨折の発生が5倍高く、
骨量・年齢とは独立して危険因子は高まる5)
人種による統計では欧米白人より日本人のほうが
発症率がやや高いということである6)。

高齢者で非常に多い脊椎圧迫骨折。
70歳代の3〜4割以上が発症している。
高齢で骨折の既往がある場合は特に生じやすいので、
もう一度日常生活での注意点を認識していく必要がありそうだ。
欧米白人より日本人に多いのは、
骨格の問題と生活習慣の問題が関係しているのかもしれない。
いずれにしても脊椎の骨折は姿勢不良の原因となり、
それに関連した様々な症状を誘発する可能性がある。
転倒して尻餅をついたり、重いものを持ち上げるときに
受傷することも多いのだが、特に誘因なく骨折する場合もよく聞く。
西洋の格言で
It’s the last straw that breaks the camel’s back
らくだの背骨を折るのは最後の藁(わら)だ。
というのがある。
些細なことでも積み重ねていくと大きな災いとなることもある
といった意味である。
大きな負担がなくとも、繰り返しの前屈姿勢でも
生じることがあるので、日頃から姿勢や運動パターンを
改善させるようにアプローチ介入する必要がありそうだ。

1)Kitazawa A,et al:Prevalence of vertebral fractures in a population based
 sample in Japan.J Bone Miner Metab 19:115-118,2001
2)Yoshimura N,et al:Prevalence of vertebral fractures in a rural Japanese
 population.J Epidemiol 5:171-175,1995
3)Ross PD,et al :Vertebral fracture prediction to Caucasians or Japanese
 in the US.Int J Epidemiol 24:1171-1177,1995
4)Fujiwara S,et al:Fracture prediction from bone mineral density in Japanese
 men and women.J Bone Miner Res18:1547-1553,2003
5)Black DM,et al:Prevalent vertebral deformities predict hip fractures and new
 vertebral deformities but not wrist fractures.study of Osteoporotic
 Fractures Research Group.J bone Miner Res 14:821-828,1999
6)Ross PD,et al:Vertebral fracture prevalence in women in Hiroshima
 compared to Caucasians or Japanese in the US.Int J Epidemiol24:1171-1177,
1995
関連記事
スポンサーサイト

Category: 高齢者

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1272-c87d8e4a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。