Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

立ち上がりが困難A1 

肺炎により全身状態が悪化。
入院となった高齢者である。
約1ヶ月間は臥床状態であり、
その後運動療法開始となる。

訴えとしては立てられないということである。
ベッドからの立ち上がりが困難であり、
立ち上がりの際に痛みはない。
立ち上がり動作では股関節の屈曲、
骨盤の前傾が乏しく、重心の前方移動が乏しい。
筋力テストでの大腿四頭筋の筋力低下はない。

このような立ち上がり動作は臨床上多い。
また大腿四頭筋の筋力低下は認められないことも少なくない。
前方の重心移動が少ないということが、
立ち上がり困難のヒントになることは予測できる。
そこでもう少し、体を前に持ってくるように促すと、
恐怖心とともに足関節前方に疼痛が生じる。

ではどのような評価とともに
改善に導いていけば良いのだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 症例検討

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1292-c6de2682
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。