Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

アプローチをする上での基本的事項 

療法士は正確な感覚を感じながら、
的確な刺激を促すことを行っていく。
正確な感覚を感じるためには姿勢を真っすぐにし、
手の力を抜くところがまず必要である。
姿勢が崩れていると、静的な緊張が高まり
四肢も過緊張を生じやすくなる。
過緊張は筋紡錘の正確な反応を阻害するため、
手から得られる位置覚や運動覚の情報に影響を及ぼす。
無駄に力が入らなくなることで感覚入力は向上する。

また療法士が手を動かす際には、
手を動かそうとする意識ではなく、
体から動くという意識が必要になる。
手に力が入るということは既述にように、
感覚入力が低下してしまう。
体全体から動く意識により、
動きの起点を股関節で行うことができ、
下肢の動きを上肢に伝えていく連携が作られる。
上肢は力を抜いたまま触知することが可能になる。
最後に手を動かす際に、常に療法士の中心に位置するように
心がけることが大切である。
中心に位置することで関節はしまりの位置になり、
無駄な力を入れなくてもぶれなく可動させることが可能になる。

こうしたことを心がけることで
無駄な力が入らなくなる分、療法士自身の感覚入力が向上し、
結果的に刺激量の微調整にも影響を及ぼすことになる。
これは外見的には無駄がない動きで美しい動きにみえることである。
技術向上のポイントとして見逃されやすいが、
まず姿勢や動き方を見直してみるだけでも、
ずいぶんと感じ方や触り方が変化するかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 治療

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1296-32017519
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。