Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

下腿の倦怠感B1 

下腿のだるさの訴えあり。
筋力は腓腹筋は問題なく、
拮抗筋である前脛骨筋の出力も問題ない。
ハムストリングス・大殿筋などの
固定筋・協力筋の筋出力はわずかに低下。
軽度の過緊張が認められる。

だるさのある部分の腓腹筋には圧痛と
過緊張が認められる。
下腿の倦怠感の際に第一に腓腹筋の
アプローチとなりやすいが、
前脛骨筋の拮抗筋作用を考える必要ある。
前脛骨筋の出力が低下している可能性もあるので、
拮抗筋のチェックも必須である。
また固定筋・協力筋の筋出力低下も
主動筋の負担が減るためチェックが必要である。

今回はいずれの評価でも大きな問題がないのが特徴である。
ではここからどのような部分をチェックすることで、
改善に繋げていけば良いのだろうか。
次回述べていきたいと考える。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 症例検討

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1297-85f2fd28
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。