Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

近年の低体温の原因 

近年、日本人の低体温が増えてきている。
手足が冷える冷え性とは違い、
内臓などの深部体温が下がっている低体温は、
自覚できる症状がほとんどないのが特徴である。

一般的な日本人の深部体温は36.9±0.3℃程度である。
近年では35℃や34℃の人も増えてきている。
ではいったい何が原因で
このような状態になってきたのだろうか。

やはり大きな原因は足の筋肉の減少であろう。
車や電車などの発達とともに、
洗濯機や炊飯器などの電化製品など
便利になればなるだけ体を使う頻度が減ってきている。
体の熱の大部分は筋肉によって生まれるので、
筋肉量が減少すれば深部体温も減少しやすい。
寒いときに体が震えるのも筋肉の働きにより、
熱を生み出そうとするものである。

深部体温の減少は免疫力を下げてしまう。
1℃の減少で人間の免疫力は30%減少する。
血の流れが悪くなり、内臓機能の低下や
髪や肌のつやが減少し、むくみの原因にもなる。
またがんの増殖も影響しやすくなる。

この頃風邪をひきやすくなった。
なんだか体の調子がいまひとつよくない。
そういう場合はついついゆっくり休んでしまいがちだが、
低体温が原因の場合は運動をはじめてみてはどうだろうか。
下肢の筋肉をつけるためには、やはり外に出るほうがいい。
大きく下肢を動かすことで、太腿や臀部の筋肉もしっかり働く。

ランニングが無理でもウォーキングだけでも、
ずいぶん体の調子が変わってくるかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 健康

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1312-e21ab768
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12