FC2ブログ
Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

ランニングと膝の痛み 

ランニングで出現しやすいのは膝の痛みと
足裏の痛みとではないだろうか。
今回は膝の痛みについて述べていきたいと思う。

膝の痛みに関しては周辺の組織が
こわばってストレスが負担になったり、
炎症を起こした状態で痛みを生じる。
膝の前方のお皿の下の痛みは膝蓋靭帯炎、
外側では腸脛靭帯炎、内側では鵞足炎が多い。
膝を動かすときに靭帯に摩擦を生じる。
坂道の下りに着地にブレーキをかけながら走ったり、
久しぶりには知った場合などに生じやすいのが特徴である。
着地の際に体が一度沈み、そこからから蹴るという動きで、
膝やふくらはぎに衝撃が集中しやすくなる。
その場合、実際のランニングでは着地で反力を得られず、
体重を支える時間が長くなる。
よって足音が低く、音が弾んでいないのが特徴である。

あとはアライメントや筋肉の働くクセなどで、
外側に負担がかかれば腸脛靭帯炎、
内側に負担がかかれば鵞足炎が生じやすくなる。

一歩走るごとに、体が沈み込んでいないか
沈み込まない走り方を習得する必要がある。
関連記事
スポンサーサイト



Category: 健康

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1317-3fd02462
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2020-06