Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

腰痛に対する整形外科的治療 

リハビリテーションを行なう上で、
整形外科的な治療を知っていることは重要である。
どのような治療をしているかにより、
整形外科医がどのタイプの腰痛と
考えているのか予測できる。
また改善が認められない場合に、
別の要素を予測し評価や
アプローチを行なうことも可能である。

単一の問題でなくいくつかのタイプが
混合している場合も多いので、
整形外科医の治療方針を考慮した上で、
評価とアプローチを考えていくとよい。

まず症状に運動麻痺や膀胱直腸障害がなければ
保存療法が基本となる。
急性期ではコルセットで固定し安静。
薬物療法ではNSAIDs、筋弛緩薬、抗うつ薬、
湿布などを用いることが多い。
急性期を逸脱したらリハビリテーションが
処方されることが多い。
温熱療法・低周波・腰痛体操・生活指導・
ストレッチなどが検討される。

その他の特殊な治療としては
筋筋膜性腰痛であればトリガーポイント注射。
ボツリヌス療法。
椎間関節性腰痛であれば椎間関節性ブロック・
後枝内側枝ブロック。後枝内側枝高周波熱凝固法。
椎間板性腰痛であれば椎間板造影ブロック。
椎間板内加圧注射法IDETや
神経根ブロックSDRG・P−RF。
癒着が疑わしい場合は硬膜外内視鏡手術などがある。

椎間板ヘルニアは画像上、器質的な病変があっても
筋筋膜性腰痛が混在していることもある為、
トリガーポイントで症状が消失することもある。

急性の膀胱直腸障害や運動麻痺、
保存療法が無効な場合や
患者の希望があれば手術適応となる。
減圧が目的の手術としては
Love法、椎弓切除術、骨形成的椎弓術、ヘルニア押し出し法。
固定が目的の手術としては
PLF、mini-ALF、DRIBS法、TLIFがある。
減圧術は前方からの方法と後方からの方法がある。
椎弓の一部と黄色靭帯を切除し、
髄核を摘出する方法が一般的である。

腰痛でも様々なタイプがありそれによって治療法がある。
一般的には保存療法で効果が出ることも多い。
ヘルニアは手術しなくて大丈夫なの?
あとはそれぞれのタイプによってアプローチを行なうことで
より多くの患者の症状が軽快すればよいのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 腰椎

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1331-cb3bf61b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12