Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

ボスマネジメント3 

上司に対して日本人は嫌な印象を持ちやすいことは前回述べた。
それにより上司の悪い機能が目につきやすくなる。
企画を潰す。いいとこ取りをする。思いつきの指示。
しかる。責任転嫁。のみの誘い。自慢。
などがこれにあたるがこれは解釈にも問題がある。
企画を潰すは筋が悪ければ止めるのは当然である。
いいとこ取りをするのは組織の業績を高めるのも上司の仕事。
思いつきの指示は本当はアイデアで満ちているということでもある。
またしかるのは教育の為でもあり、
責任転嫁は人間なので保身に走ることもある。
のみの誘いはコミュニケーションを大切に使用としている。
自慢は教育の一環でもある。

要するに嫌いと思うことで、
相手のいろいろな部分は悪いようにしか解釈されなくなり、
悪い面ばかりが見えてしまうものである。
恋愛でも同じで好きな時は優しいと思っていたけど、
3ヶ月くらい経ち倦怠気になると優柔不断と腹が立つ。
よく気がつくと思ってたけど神経質だと感じ、
頼りがいがあるのは横暴だと感じる。
面倒見の良さはおせっかいに感じたり、
情熱的なのはただの女好きなのかもしれないと感じる。
好きなときは長所だったものも、相手を嫌に感じると欠点に見える。
結局はよい面も悪い面も見方次第で変わってしまう。

結局、同じ物事でも感情と言うフィルターによって、
よくも見えるし悪くも見えてしまう。
上司を嫌いだと考えることで悪い機能ばかりに目が向き、
邪魔だと感じることで仕事が苦痛になっている。

まずは好き嫌いではなく、仕事がうまくやる為に
上司という多くの機能を使うことが大切である。
上司は実は多くの機能を持っている。
次回はそれらの機能について説明していく。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 仕事の戦い方

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1352-03e0e10d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12