Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

症状と対処 

身体が障害を受けた時には様々な症状が現れる。
腫れ、発赤、熱感などの炎症症状は
余分なものを排除し、身体を回復させるために必要である。
また痛みが生じ、周辺に筋スパズムが生じるのは
障害部位を動かさないように保護する役割がある。
痛みから姿勢も悪くなり、気力も減少するので
動くという行為そのものが減少し回復を促進する。
こういった状態が急性期である。

リハビリテーションにおいて大切なのはその後である。
急性期の防御機能がしばらく続いた場合、
その防御機能が残存してしまうことがある。
周辺の組織が固まったままになったり、
力が入りにくくなったり、不良姿勢のままになったり。
心理的にも不安が残ってしまったりということもある。

臨床ではそういった状態がどのように生活に関わるか。
そして、どういった要素が問題となっているのか。
それを確認するために問診と評価を繰り返す。
そして今の状態が急性期の保護した方が良い状態か。
それとも動かしたほうが良い状態なのか。
障害を受けた部位がどこか。
病期の経過はどうか。
経過した期間と症状を照らし合わせていく。

症状と対処。
今起きていることに対して、どう対応していくのか。
まずはじめに考えていくことである。
関連記事
スポンサーサイト

Category: その他

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1355-e7454147
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12