Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

ボスマネジメント6 

上司のタイプにもさまざまあり、
そのタイプに合わせて対応することは前回述べた。
では具体的にどのように仕事をしていくことが
大切なのであろうか。

社会人として大切なものとして
「ホウレンソウ」は外すことができない。
聞いたことない人はいないのではないだろうか。

ホウレンソウとは報告・連絡・相談のことで、
上司に対して適切に行なうことが求められる。
しかし、大切なのは皆知っており、
部下に対して指導はするものの
いざできているかと聞かれれば
意識してできている人は案外少ない。
ホウレンソウは実際の仕事の流れでは、
相談→連絡→報告の順で行なわれることが多い。

相談は何か問題が起こる前に事前に行なう。
「今、こういうことが起きているんですけど、
これによって今後このようなことが起きると思います。
これに対して、このように対処しようと思うのですけど、
どうでしょうか?」
と言ったことである。
もし、何かが起きた時に上司がこのことを耳にしていれば、
すぐにトラブル対処も行ないやすい。
また問題が起こる前に事前に対処することも可能である。

次に連絡である。
「以前にお話しした件なんですけど、
予定通り進んでいます。」
他には
「例の件でお話ししたように進めていたのですが、
こういった事例では対処ができない様子でして、
こういった場合に関しても対策が必要だと思います。」
進めていることがうまくいっているのか、
うまくいっていないのかはなかなかわからないものである。
特に現場の状況を直接見ていない場合は、
上司にいかにこまめに連絡を入れるかが重要である。

最後に報告である。
「例の件はアドバイスいただいたおかげでうまくいきました。」
「対処していたのですが、予測できない事例に対しての、
対処が不十分でした。今後はこういう風にしていきたいと思います。」

ホウレンソウは上司に丸投げするのではなく、
問題に対して自分はこう考えている。
といった対策は自ら考える必要があり。
「どうしましょう?」と丸投げしないことが大切である。
またマイナスな状況でも対策を立てるとともに、
今後に対する前向きな姿勢は必要不可欠である。

このように相談で事前相談。
連絡で途中経過。報告で結果報告を行う。
なんらかのアプローチを行なうとき、
上司の確認をとらずに勝手にやって
成功した場合は評価されないし、
失敗した場合は上司の顔をつぶすことになる。

上司の手の回りきらないところをいかに補うか。
上司の発言に対して賛成意見などの反応を
きちんと示すこと。
上司の顔をつぶさないこと。
これらはホウレンソウの中でも大切な部分となる。
うまくいってる時はつい報告を忘れてしまいやすく、
まずい状態の時は余裕がなくなり、
報告できていないことなどが生じる。

ホウレンソウをきちんとできている人は
意外に少なく見直してみることで、
気づく部分も多いかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 仕事の戦い方

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1358-afa08dd8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。