Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

高齢者の歩行障害 

高齢者の歩行では体幹の前傾位は多い。
体を起こすように伝えても、
なかなか起こした状態では歩行することは困難である。

現象はそうしなければならない理由がある。
体幹の前傾位にしなければならない理由で多いのは、
股関節の伸展制限である。
筋力の発揮は関節運動の中間位付近が最も強い。
股関節の伸展角度が小さい場合はどうなるだろうか?

i人体動作odp
筋力が発揮しやすい状態で
下肢の支持を得ようとすると赤い部分となる。
ようするにこの赤い部分は
最も筋力が得やすい良好な位置となる。
股関節の伸展が得られないため、
前方への推進力が困難なことが一つ。
またこの下肢の位置で支持するにはバランスが悪いため、
体幹を前傾させることになる。

では下肢の伸展可動域が大きければどうか。
当然、前方推進力も得られるし、
下肢の支持も問題ない位置となるため、
体幹は前傾させる必要もなく歩行することが可能である。
i人体動作odp2

高齢者の歩行障害。体幹の前傾とともに、
腰痛や膝痛など生じやすいものであるが、
股関節の伸展の改善とともに
得られるものも多いのではないだろうか。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 歩行

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1381-32b24d83
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。