Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

姿勢と横隔膜 

体は左右対称にすべきなのか。
それとも、もともと左右対称でないので、
対称性は考えなくても良いのか。
こういった議論は多い。
今回はその議論に対する一つの考え方を紹介する。

まず体の位置関係と横隔膜について。
体は左右対称にはできていない。
心臓は中心よりやや左側にあり、
胃も左側に位置する。
肝臓は右に位置しており、
それにともない、横隔膜の形状も微妙に変化する。
横隔膜の末端は脊柱や一部大腰筋と連結するため、
間接的に身体機能にも影響を及ぼす。

横隔膜は呼気の時に上に上がり、
空気を外に送り出す。
吸気の時は横隔膜は下に下がり、
空気が吸い込まれる。
横隔膜がうまく機能している場合は、
ドーム型となりやすく、
機能が低下するとフラット型となりやすい。
フラット型の横隔膜側は肋骨が前方突出し、
腰部は前傾が強くなる。

一般的には右側のほうが横隔膜は働きやすい。
右側は横隔膜の下方に肝臓があるため、
肝臓が支持する分、上方に動きやすい。
また右肺は3葉あり機能も高い。
左側は横隔膜の上方に心臓が乗った状態で、
横隔膜の下方にある胃も支持は弱い。
よって右側の大腰筋の方が使いやすいため、
右重心が多く右利きも多い。

ロンハラスカ氏の提唱するPSI
(Postural Restoration Institute)では
通常の左右差はミリ単位のもので目視でわかるものは、
過剰な左右差として修正する必要があるとする。
横隔膜の機能が低下すると生じるのは、
前途のように肋骨の前方突出。
次に腰部の前傾が強くなる。
また股関節の緩みが生じる。
チェックポイントとしては肋骨の盛り上がり、
骨盤の前傾、足部の外転などになる。

例えば左の横隔膜の機能低下であれば、
左のハムストリングスの促通、
右大殿筋の促通をおこない骨盤の変位を修正。
腹横筋の促通と横隔膜と骨盤の連携とともに、
右の過剰な呼吸を抑制するなどがアプローチとなる。

体は様々な部分が繋がり合っている。
一つの症状は多くの問題が交わりあっている結果であり、
その繋がりの修正こそ、根本的な改善に繋がる。
細かく見る視点と広く見る視点を使い分けて、
真の改善を図ることが重要となる。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 運動連鎖による影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1395-c9d8e497
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。