Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

膝の痛みC1 

膝の痛みはここ最近出現し、歩行時に疼痛があるとのこと。
疼痛は前に重心をおくと痛みが楽になるとのこと。
痛みは膝の内側裂隙部が主体である。

歩行分析をしていくと、後ろ重心で膝外旋位で疼痛は増強。
前重心で膝内旋位で疼痛は軽減する。
しかし、過度に内旋することで鵞足部に疼痛あり。
外旋位ではアライメントの関係から
内側部の圧縮ストレスにより、
疼痛が誘発されやすいことが予測される。
また内旋位では鵞足部の筋に過緊張を誘発し、
疼痛を生じている可能性がある。

また内旋位では足部と股関節の可動性が乏しく、
膝関節の内旋が大きい。
膝のみが過度な内旋とならぬように
内旋方向の動きを改善するために、
足関節の外返しと立方骨の背側滑りを改善、
また股関節の副運動を改善させる。

アプローチ後は内旋位においても鵞足部の疼痛は出現しなくなる。
また歩行時に体幹前傾が強いため、脊椎の伸展の可動性も考慮する。
以上のアプローチで疼痛症状の訴えは減少するも、
疼痛側の下肢が重たいとのことであり、
次は下肢の重たさについて、評価を展開していく。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 症例検討

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1396-09d7d21e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12