Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

膝の痛みC2 

疼痛側の足の重たさは遊脚期にあるとのこと。
背臥位では疼痛側下肢挙上時に重たさを感じる。
挙上動作では初動の遅延が認められ、
ある程度挙上すると下肢に過緊張が認められる。
初動の挙上遅延や、下肢の過緊張では
腹部深層筋の筋出力低下が認められることがあるため、
腹横筋の収縮の触知をすると
やはり収縮の遅延および収縮力の低下が認められる。

腹横筋のトレーニングとともに、
遊脚期のイメージと連動させることで、
下肢の重たさはわずかに改善される。
しかし、挙上時の下肢の過緊張は変化していないことから、
疼痛側の位置覚・運動覚を評価する。
過剰な過緊張により、筋紡錘が正常に機能しなければ
位置覚や運動覚の認知は低下する。
運動の予測や身体図式のイメージには感覚が重要であるため
感覚入力が乏しいことでより過度な筋出力を生じてしまう。
かといって力を抜くという指示は患者さんにとって、
容易なものではないため、感覚に集中するように声かけをする。
難しいようであれば反対側の感覚を先に感じてもらい、
それを模倣して行なうように促す。

感覚入力に集中することで、位置覚・運動覚が改善されると、
筋の過緊張も減少した。
これにより、歩行時の疼痛側の重たさは減少することとなる。
一つの症状が改善されれば、
もう一つの症状が姿を現すことは少なくない。
いくつかの症状が重なり合い、代償し合いながら、
身体の目的動作は遂行されている。
問題は一つではないことを常に認識しておかなければならない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 症例検討

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1397-306151d2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12