Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: スポンサー広告

TB: --  /  CM: --

top △

脳に必要な栄養素 

現代は飽食の時代といわれ、
食べ過ぎて調子が悪くなることも少なくない。
特にラーメンやライスなど生成された小麦や
米は消化もよく糖質を過剰に摂取してしまう傾向がある。

では脳にとって必要な栄養素は何であろうか。
これはアミノ酸である。
草食動物は腸内細菌からアミノ酸を生成することができるが、
肉食動物は自分自身でアミノ酸を作ることができない。
このように作ることのできないアミノ酸は必須アミノ酸といわれ、
動物の肉を摂取することでアミノ酸を得ることができる。

ではアミノ酸が減少すると脳では何が起きるのであろうか。
生命を維持するための下位脳はタンパク質を生成することで
神経機構を働かすことができる。
そのため、アミノ酸が減少すると、脳への供給を減少させないために
筋肉分解や肝臓の合成を一旦ストップする。
そして脳自体も無駄遣いしないように省エネモードに切り替わる。
要するに体の倦怠感や眠気などを生じるきっかけとなる。

炭水化物は効率よくエネルギーが摂取できる反面、
アミノ酸の不足が生じやすくなっている。
アミノ酸スコアでは赤身の肉や卵が
バランス良く有効利用されるアミノ酸とされる。
脳をしっかりと働かせるためには肉食が重要なのかもしれない。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 栄養学

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1408-a565448b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。