Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

痛みと感情 

痛みの伝導路は基本的には侵害受容器の末梢の情報が
脊髄に入り延髄・中脳を視床に入り、
大脳で認知される。

痛みの中枢伝導路は外側系と内側系に分かれる。
外側は大脳皮質の体性感覚野(S1、S2)に至る。
他にも触圧覚や温度覚も伝わる。
内側は大脳の島皮質から前帯状回、前頭前野、
扁桃体、海馬に至る。
情動や認知など痛みの意味を伝達する。
辺縁系にも作用することから、
イライラや不安など不快な感情を生じさせ、
さらに視床下部にも影響を生じさせると、
血圧や脈拍上昇などの自律神経症状を引き起こす。

つまり、痛みは感覚としての外側系だけでなく、
情動としての内側系も考慮する必要がある。
不安や恐怖などの感情は扁桃体の過活動を生じ、
内側前頭前野の活動を減少させることが知られている。
怖いとやる気をなくし、海馬との連結から記憶されやすくなる。
痛いという経験が動くことをやめてしまい、
長期化することでそれは活動性の低下や抑うつ状態をも
引き起こす可能性が出てくる。

痛みを軽減させるにはまず安心してもらうこと。
これからのすべての行動の原動力になる大事な部分である。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 痛み

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1410-3d0edc42
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12