Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

Hiltonの法則 

関節包や靭帯などの関節構成体の神経は
その関節を動かす筋や皮膚にも分布する。
といったものであり、臨床上関わることは多い。

例えば、関節周囲筋が過緊張している場合に、
筋を緩めたくなるが、緩めてもすぐに戻ることは多い。
その場合にアライメントを修正することで
瞬時に過緊張が軽減することがある。
これは関節包や靭帯の伸張ストレスによって、
同じ神経支配の筋が反射性攣縮を生じて
過緊張していたものと推測される。

また関連痛もHiltonの法則で解釈できる。
関節包や靭帯の刺激が同じ神経支配の
皮膚神経知覚領域と誤認するのが関連痛である。
アイスクリーム頭痛が有名であり、
冷たいものを食べると咽頭神経が刺激され、
後頭部またはこめかみの痛みと誤認知するものである。
生理の時や便秘で腰が痛かったり、
心臓の調子が悪いのが左肩の痛みを生じたりも、
同様の理由によるものである。

筋の過緊張は評価してわかりやすいものの、
その過緊張が何からきているものかが重要である。
運動時に疼痛が誘発するかどうか。
アプローチでの効果判定などにより、
特定ていくことが重要である。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 神経

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1411-019c19e3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12