Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

筋の痛みと姿勢・動作 

筋の痛みの分類

筋の痛みでは収縮痛と短縮痛そして伸張痛がある。
自動運動での痛みは収縮痛で、
他動運動での痛みが短縮痛と伸張痛になる。

収縮痛は筋肉に力を入れた時の痛み。
基本的に患者さんが感じている痛みは収縮痛になる。
収縮痛はさらに等尺性収縮・求心性収縮・遠心性収縮に分かれる。

短縮痛は力を入れていない状態で、
他動的に筋肉を短くされたときに出る痛み。

伸張痛は力を入れていない状態で、
他動的に筋を伸ばされた時に出る痛み。
収縮痛や短縮痛と比べると痛みは軽く、
突っ張り感のような痛みが生じるのが特徴である。

強い痛みは基本的には収縮や短縮時に生じることが多いので、
痛みがある場合はその筋肉が力が入りにくく、
縮まない方向の姿勢をとっていることが多い。
曲がっている部分があれば、
そこが縮んでいるから伸ばさなければと思いやすい。
しかしながら、伸びている方向にトリガーポイントなど
疼痛が出現する原因がある場合も考えられる。

姿勢や動作から仮説を立てることは、ミスを起こすことも多い。
姿勢や動作で違和感を感じたら、
そこから問診と機能評価を行うことで、
さらに問題を絞り込んでいくことが必要である。
関連記事
スポンサーサイト

Category: 日常生活の影響

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1421-953f2e44
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12