Admin   Newentry   Upload   Allarchives

理学療法の評価と治療

理学療法に関連する臨床・研究・教育と評価・治療について書いていきたいと思います。

関節の緩みと締まりの位置 

関節には緩みの位置と締まりの位置が
あることは耳にしたことがあると思う。
緩みの位置(LPP;loose-packed position)は
屈曲や外旋の肢位が多い。
また締まりの位置(CPP:close-packed position)は
伸展や内旋の位置が多い。

ではこの緩みの位置と締まりの位置は
どのように使い分けるのだろうか。

緩みの位置では関節の副運動は大きくなり、
より大きな運動を生じやせるのに有効である。
力自慢の男性がこのような姿勢をとるのは、
力によってより大きな運動を生じさせるのに有効である。

締まりの位置では関節の副運動は小さくなり、
より正確な運動を生じさせるのに有効である。
精度の求められるスポーツでは
特にこういった姿勢を求められるし、
関節の緩い女性はこういった姿勢をとりやすい傾向がある。

アプローチでは関節モビライゼーションを行なう時に、
痛みを少なくし軽めに行ないたい時は緩みの位置で。
痛み症状が少ない患者でより大きく可動性を出す時は、
締まりの位置を用いたりする。
他にも固定をより強固にするために
可動する関節以外の周辺関節を締まりの位置に
しておくという考えもある。

筋肉の緊張のコントロールにも有効である。
痛みが強く、筋の緊張が高い場合は
緩みの位置にもっていくと緊張が緩和しやすい。
また力が入りにくく、うまく筋収縮を生じさせられない場合は
締まりの位置に持っていき緊張を高めることもある。
また締まりの位置ではアウターマッスルよりも
インナーマッスルが働きやすくなるので、
インナーマッスルの強化にも重要である。

股関節では屈曲位で緩みの位置、伸展位で締まりの位置となる。
これは元が四つ足動物であった名残であり、
四つ這いだと関節は緩み、立位では締まる形となる。
関節の位置を考えるだけでもアプローチの細かな設定が
可能になると思う。
骨盤と連鎖
関連記事
スポンサーサイト

Category: 関節

TB: 0  /  CM: 0

top △

この記事に対するコメント

top △

コメントの投稿
Secret

top △

トラックバック
トラックバックURL
→http://pain0205.blog92.fc2.com/tb.php/1424-fdf7d9f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

top △

2016-12